浮沼亭の“気まぐれ放談”

このところ「浮沼亭冷奴」よりも、弟子の「子ども落語家」の方が人気上昇、嬉しいような困ったような。

「三次もののけミュージアム」孫連れのじいばあはメロメロです!

2019年08月20日 00時02分54秒 | 日記

広島ブログ

17日土曜日小1の孫娘が田舎のじいばあのお家に一晩お泊りに行きたいと言うので迎えに行きました。

帰りの三次で「三次もののけミュージアム」へ入館しましたが、早速動かなくなりました。そこは絵巻物の中の妖界にタッチすると目の前のスクリーンに躍り出てくるという仕掛けでした。

何とかそこを乗り越えて行ったのは「塗り絵」のコーナーで、1枚の塗り絵台紙に色塗りをするのですが、ぐちゃぐちゃに投げ込んであるクレパスを取り出して色塗りです。

出来上がったのは「河童」で、それを受け付けのお姉さんに渡すとスキャナーらしきもので読み取ってくれ、塗った絵はプレゼントしてもらえます。そこからが面白いところで色塗りした「河童」が巨大湾曲スクリーン上で踊りだします。よくもまあ塗り絵1枚が立体的に映し出されてあっちこっちと歩き回ります。

底をやっとのことで脱出すると、コレクションの展示には目もくれないで、最初のタッチ妖怪出現機に夢中です。

年齢で興味を示すものの違いはありますが、子供が行きたいと言えば親は3倍の入場料を惜しげもなくはたいて入館します。ジジババであればなおさらです。

ターゲットは子どもか大人か、さあここがrニューアル時の決め手になるのではないでしょうか。

じいばあはメロメロです!

「あっしが三井権八でがんす」もののけページ の開設 ご案内(一部作業中)

広島ブログ

コメント   この記事についてブログを書く
« 8月21日午前10時「夏休み 子... | トップ | ボロクソ言うた舌の根も乾か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事