升井紘 浮沼亭日記

新型コロナも土砂災害も飛んで行け!

何の変哲もないように見える発泡スチロールの箱

2021年07月21日 00時01分04秒 | 日記

広島ブログ</a

昨日20日は各地で真夏日、気温はどんどん上昇しました。どうしても出かけなくてはならない用で、高野から庄原~三次と廻ったのですが、車の車外温度計は高野で31度、庄原尾引で36度、三次十日市で38度でした。

ニュースでは三次35.1度と字幕に出ていました。

夜、NHKニュースを見ていると、こんな記事に気が付きました。

「いずれ使われなくなる日が来てほしい」。そんな思いを胸に、ある大阪の中小企業が作ったのは、一見、何の変哲もない発泡スチロールの箱。会社の技術を結集したというこの箱。いったい、何のために作られたのでしょうか。大きさは、縦22センチ・横33センチ・高さは19センチ。重さは400グラムほどと非常にコンパクト。片手でも抱えることができます。気になったのは全体が黒いこと。秘密の1つがこの色に隠されています。

一体何に使われたのでしょうか?

ワクチン1本から輸送できるという使い勝手の良さ。その評判は、個別接種の広がりとともに、堺市以外にも広がっていきます。これまでに北海道や福岡県など全国およそ150の自治体から注文を受け、およそ1万5000個が出荷されました。それぞれの場所に届けられたSakai-BOXは、その1つ1つが、いま新型コロナと戦う小さくとも大きな戦力となっています。

何の変哲もないように見える発泡スチロールの箱が、素晴らしい役目を果たしているのにタマゲました。

広島ブログ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 政権交代することまでは望み... | トップ | 女子サッカーの第一波、民放... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やんじ)
2021-07-21 10:45:24
色をつけたのは、白だと光が透き通ってしまい、中の温度を低く保てないからだったように少し前の早朝のNHKテレビニュースでやっていたような気がします。
やんじさんへ (浮沼亭日記)
2021-07-21 23:21:11
大変な苦労の末に実現したようですが、ちょっと見には「なあ~んだ、アイスクリームを入れる箱か?」と、見過ごすようなBOXでした。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事