升井紘 堪忍袋の緒を結ぶ

世間を見渡せば見るに堪えないことばかり 堪忍袋の緒を切ってしまっちゃあ終しめえよ!

「高齢者交通安全講習会」と「学生野球資格回復制度研修会」

2019年12月16日 00時01分30秒 | 日記

広島ブログ

近未来の自動車は交通事故防止のため自動ブレーキを備えていなければならない。そして高齢者はその条件をクリアした自動車でないと運転出来ないようにしよう。

確かに高齢者の事故率は高く、何らかの対策は必要だと思います。現在は免許更新前に高齢者講習を受講しなさいと通知が来て昨年私も受講しましたが、講習の内容からはそれほどの効果が期待できるとは思いません。

半日近く拘束されるにしては内容に乏しく、受講料5100円は高価すぎると思いました。この制度全くのお役所仕事で一定時間の講習を受ければ事故対策になるなんて、いい加減なものです。

内容の充実した講習で交通事故減少に効果が認められるのであれば、免許更新時だけでなく定期的に高齢者に限らず、全員に受講させるべきだと思います。

 イチローを始め前田智徳氏も受講したようですが、解説者の張本勲氏はこき下ろしています。

 張本氏は「アマチュア協会にこんなくだらん制度をやめてもらいたい。野球で最高の技術を持った人がアマチュア、子ども、技術がまだ足りない経験者に教えるのに何で研修必要なの。学業、勉強じゃないんだ。野球を指導するんだから。逆なら分かるよ。何でアマチュアがプロ教えるの」と指摘。そして、「やきもちなんだよ。自分たちがね、プロ野球選手が降りてくると職がなくなると思っている。逆だよ、アマチュアはアマチュアのコーチが必要なんですよ。ましてやイチローみたいな選手はね、子どもから、学生から、社会人から時間が“ある時にどうぞ指導してください”ともろ手を挙げて頼まなきゃ。3日間、何の研修するの。これやきもちなんですよ」と持論を展開した。

これに対して、受講者の反応は「知らないことが良く分かった」など、役に立つ研修だったという受講者コメントを発表したそうです。

「高齢者交通安全講習会」と「学生野球資格回復制度研修会」よく似たような「お上」のザル法?。

広島ブログ

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« えっ ウソつき豆腐、12月8日... | トップ | それが出来ないのならば総理... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やんじ)
2019-12-16 05:17:04
プロ野球は、技術の向上だけを目指すもので、誰かを教育するものではないですからね。
子供の頃から、技術の向上だけを目指してプロの選手になった人には、人間の教育はほとんど学んでいないと思います。
自動車の免許は、講習だけで更新できるのは80歳未満までとして、それ以上の年齢まで運転したい人は、仮免許程度の運転と学科試験の合格者とし、毎年試験を受ける。また試験を受けるためには、認知症や運動機能の医師による検査合格者とする。とすべきですね。
ほとんどの人は、運転できてます学科試験には合格しないでしょうからね。
若い人も、免停になった人は学科試験に合格しないと運転の許可はしないとすべきですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事