升井紘 堪忍袋の緒を結ぶ

世間を見渡せば見るに堪えないことばかり 堪忍袋の緒を切ってしまっちゃあ終しめえよ!

安全なら手始めに小泉邸と環境省の敷地内に積み重ねて見せてください

2019年12月21日 00時02分05秒 | 日記

広島ブログ

東日本大震災の大津波でフクシマ原発が放射能事故を起こし、いまだ避難している方々がいます。そんな中除染とされる作業で出た放射能汚染土について環境省が次のように述べています。

除染で出た土「安全性問題ない」 農地利用の手引き作成へ

福島第一原発事故の除染で出た土のうち、放射性物質の濃度が一定の基準を下回ったものを全国の公共工事などで再生利用する方針で、昨年度から福島県飯舘村の長泥地区では農地として利用する実証事業を行っています。

環境省は、除染で出た土を通常の土で覆い、作物を試験的に栽培したところ、周辺の空間線量などに大きな変化はなく、作物から検出される放射性物質の濃度も想定より低かったとして、安全性に問題は出ていないと説明しました。

あれっ 放射で汚染されていたから除去したのだとばかり思っていました。

安全なら手始めに小泉邸と環境省の敷地内に積み重ねてください。

    

「放射性物質の濃度が一定の基準を下回ったもの」の利用ということですが、それなら除去する必要がない土まで取り除いたということになると思うのです。むしろ除去しないで放置していた方が良かったのではないでしょうか。

そのうえ、実証事業とは言え「除染土の上に通常の土で覆った」のは危険が疑われるからそうしたように思います。早く汚染土を処分したいのでしょうが、汚染水を海洋投棄したくてヒンシュクを買ったのと同じく、汚染土を安易に全国にばらまくというのは余りにも国民をないがしろにする行為ではないでしょうか

広島ブログ

コメント   この記事についてブログを書く
« 「琉球ブルーオーシャンズ」... | トップ | その後を自分で創作すれば良... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事