浮沼亭の“気まぐれ放談”

このところ「浮沼亭冷奴」よりも、弟子の「子ども落語家」の方が人気上昇、嬉しいような困ったような。

「はだしのゲン」極めつけ

2013年08月23日 00時00分10秒 | 日記

広島ブログ

 

大臣が素晴らしい人ばかりと思っていたわけではありませんが、こんな記事に接すると情けなくなります。

 

ゲン閲覧制限に「問題ない」

  下村博文文部科学大臣

 
 松江市教委が漫画「はだしのゲン」の閲覧制限を小中学校に要請していた問題で、下村博文文部科学相は21日の会見で、「表現の自由を侵すとの批判は当たらず、問題ない」と同市教委の判断を是認する考えを示した。

 下村氏は、教育委員会の図書選択について「教育委員会は発達段階における教育的配慮から、自由な閲覧を避ける権限を持っている」と説明。要請について「教育長の判断は合法的で、文部科学省が指導するものではない」とした。

 市教委が主張する「過激な描写」に関して「私も確認したが、教育上好ましくないと考える人が出てくるのはあり得る」と述べた。被爆体験の継承に作品が大きな役割を果たしているとの指摘には「学校の図書館以外で読める状況が社会全体で担保されていればいいのではないか」と話した。

 

「はだしのゲン」閲覧制限に関して、最初は松江市教育委員会の記者会見では副教育長が答弁していました。なんで教育長が出ないのかと思っていたら、閲覧制限時の教育長は代わっていたのですね。非難の声が高くなるとついに前教育長が引っ張り出され、次は現教育長も出ずにはおられなくなり、思わぬ醜態を見せた松江市教育委員会です。

 

「悲惨で強烈な表現が低学年児童に恐怖を与える」 ということであれば、それをキチンと正しく指導できるよう教職員の資質を高めることが教育委員会の責務ではないでしょうか。例えは適切でないかも知れませんが、 くさい物には蓋をする ことでお茶を濁すことは許されません。

 

そして、ついに大臣様の登場です。ちゃんと収集をはかるのかと思いきや、 『ゲン閲覧制限に問題ない』 ですから聞いて呆れます。しかも 「教育長の判断は合法的で、文部科学省が指導するものではない」 であれば、閲覧制限していない全国の都道府県市町村の教育委員会に あなた達は合法でない として文部科学省が指導しなければならないことになります。

 

あ~あ、「はだしのゲン」の極めつけ、これが日本の学校教育を担う 「文部科学省」 のトップである大臣のたわごとですから。 

 

過去データ 「なんでも辛口」 を残しました 

広島ブログ 読み疲れ有り難うございました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« メジャーの拒否権 | トップ | 雨とジーンズスタイルのカープ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですかね… (らっち)
2013-08-24 10:13:02
反論してみました。いかがでしょうか。
http://red.ap.teacup.com/hiroshimusica/
Unknown (らっち)
2013-08-31 16:24:47
どうやらこちらのブログでは、コメントはいただけない様子ですね。残念です。
前回、私のブログ全体を貼りつけましたが、該当する記事のみ、再度貼りつけさせてもらいます。
http://red.ap.teacup.com/hiroshimusica/639.html

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事