浮沼亭の“気まぐれ放談”

このところ「浮沼亭冷奴」よりも、弟子の「子ども落語家」の方が人気上昇、嬉しいような困ったような。

ルーズベルトゲームだったんですけど

2019年09月16日 00時02分13秒 | 日記

広島ブログ

昨日は三次市甲奴町本郷・西野地区の敬老会から声がかかり、素人噺家の浮沼亭冷奴が高座に上がらせていただきました。下手な噺ながら我慢強く聞いて下さり、しょうもないオチにも関わらず盛大な拍手を送ってもらい感謝です。

夜のカープ、何とも言いづらい下手な采配で試合後半までテレビを見るのが苦痛だったのですが、0-8の劣勢から7-8まで追い上げた試合展開はまさにルーズベルトゲームでした。

ルーズベルトゲームとは・・・

大の野球好きで知られた米国のフランクリン・ルーズベルト大統領が「8対7」で決着する試合が一番面白いと言ったことから、点を取られては取り返す白熱したゲームをそう呼ぶようになった。

昨夜は8-7ではなくて7-8だったのが残念です。でも9回の裏あわや逆転の夢を抱かせてもらったのですから悔しくても楽しいゲームでした。

そしてオマケはエルドレッド55の引退セレモニーでした。

もうひとつオマケは気になる台風16号発生です。

「あっしが三井権八でがんす」もののけページ の開設 ご案内(一部作業中)

広島ブログ

コメント   この記事についてブログを書く
« まずは新大臣の「ボロ出し第1... | トップ | 「渡る世間は鬼ばかり」3時間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事