升井紘 浮沼亭日記

新型コロナも土砂災害も飛んで行け!

卵の秘密?

2020年10月30日 00時01分31秒 | 日記

広島ブログ

初回に薮田の乱調で3失点しましたが、終盤に會澤のタイムリーと代打長野のホームランで同点にしました。その後勝ち越しのチャンスを逃し、延長戦の結果ヤクルトと引き分けでした。まあね、最下位争いですから、目くじらを立てることもありません。といいつつ「どうしよるんかいね!」

卵を食べる家庭は多いと思いますが、知っているようで知らない卵の秘密だそうです。(秘密というのは大袈裟ですが)

❶ 卵は大きい方が良い?

 SS~LLまで大きさは色々ありますが、黄身の大きさは変わりません、白身が多いか少ないかです。(大きい親鳥が産む卵と、小さい親鳥が産む卵の黄身は違うような気がする)

❷ 殻が赤い卵の方が白い殻のものより栄養価が高い?

 親鳥の種類により殻の色が違うだけで、栄養価に変わりはありません。(飼育の餌によって栄養価は変わるような気がする)

❸ 卵は冷蔵庫の専用ケースに入れるべき?

 買ってきたパッケージのまま温度差の少ない場所に収納する方が痛みにくい

❹ 卵は洗わなくていいの?

 卵は洗ってはいけません! 前述したように卵の殻には無数の小さな「気孔」があって、呼吸をしています。そしてその気孔は、微生物などが入らないように「クチクラ」という防御膜で覆われていています。 卵を洗ってしまうとこの層が取り除かれてしまい、微生物が侵入しやすくなるのです。卵は出荷前にこうした膜を取り除かない専用の機械で洗浄しているので洗う必要はありませんが、どうしても洗いたいと言う人は、使う分だけを料理の直前に洗い、使い切るのが良いでしょう。

❺ 美味しい卵を買うポイントは?

1. 殻に汚れなどが付着していないこと(これは分かる)

2. 黄身や白身がプリンと盛り上がって新鮮なこと(買う前には分からない)

3. 卵の臭みがないこと(殻の臭いは分かるが、中身の臭いは分からない)

yahooニュースを見ていたら「知っているようで知らない卵の見方」というのがあって、以上のようなことが書いてありました。でもちょっとおかしいな?というようなところもあります。

広島ブログ

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅総理2050年には生きて... | トップ | 「ナマズ効果」? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事