升井紘 浮沼亭日記

新型コロナも土砂災害も飛んで行け!

1月11日は何の祝日だったのかなあ?

2021年01月13日 00時00分49秒 | 日記

広島ブログ

1月11日は休日(祝日)でしたが、一体何の祝日だろうかと考えてしまいました。新聞の1面を見れば「成人の日」でした。

私のような古い人間はついつい1月15日が成人の日と思い込んでいました。

それが月曜日に変わり3連休にするための政策だったのですね。

公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したため、月曜日を国民の祝日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された。

「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」(平成10年法律第141号)によって「成人の日」および「体育の日」が、「国民の祝日に関する法律及び老人福祉法の一部を改正する法律」(平成13年法律第59号)によって「海の日」および「敬老の日」が、それぞれ月曜日に移動した。

連休を増やせば国民はお出かけしてお金を使うから特に不都合はないと思っていたのですが、

コロナ感染が連日新記録の報道で、菅総理は「3連休の間は不要不急の外出は自粛してください」と、当初の政策目的を否定する言動になってしまったということです。

GoToトラベルも中止に追い込まれるなど、経済回復と思って税金をぶち込んだのにずっこけてしまいました。

国会はこのようなことにいち早く気づき、さし向き連休法を暫定的にでも見直さなくてはいけないと思うのですが、誰も言及しません。

コロナ感染を抑える決意があるなら、連休法に限らず改善に向けてあらゆる手段を講じて対処するべきだと思うんですよ。

広島ブログ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 米下院はトランプ氏解任求め... | トップ | 受診が少ないからインフルエ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やんじ)
2021-01-13 05:08:11
緊急事態宣言下の自治体で成人式が行われました。
感染対策をしているからと。
なぜ、この時期にやる必要があったのでしょうか?
お盆に変更してもなんら問題はない。
大相撲は、多数の感染者が出たのに開催。コロナが怖いからと休場は拒否して廃業へ。
検査の約30%はま違うとされていて、陰性の内の30%は陽性の可能性がある。基礎疾患がある人は怖いのは当然。
協会は力士な安全を守る義務があるのですから、基礎疾患がある人には配慮する必要はあります。特に力士には糖尿病の人は少なくなく、インシュリン注射している人も。糖尿病は重症化のリスクが高いと言われていますし。
ラグビーは規制もなく観客を入れて開催。
公が感染対策をしているからと、第一波の時より感染者数がかなり多い状況で。
国民のは感染対策をしていても飲食店は時短営業を要請。
行政等が自分達は好きに開催していて、国民には外出自粛。
誰が従いますか?
行政が自らが緊急事態宣言の意味合いを蔑ろにしてるのに。
感染が怖くない若者が、感染対策しているからと自由に行動しても、行政は何か責める権利は無い。
高校野球は、今よりは感染状況が低い時な中止させられたのに。
やんじさんへ (浮沼亭日記)
2021-01-13 07:15:24
やんじさんが言及されることは、いちいちもっともなことだと思います。
このような危機を迎えているにもかかわらず、政治家は自ら対処する意気込みは伝わってきません。菅総理にしても2月末からワクチン接種を開始すれば感染は止まり、オリンピックだって悠々と開催できる夢を見ているのでしょう。
でもオリンピック参加者は国内だけじゃないんですよ、国際情勢をよく見なくては森喜朗爺さんのように、とんでもないことを言い始めます。
二階俊博さんだって80才を超える年寄りじゃないですか、こんな方が政治の中枢にいるなんて、老害そのものです。早々と隠居してください。それにしても若手のしゃんとした政治家が見あたりませんねえ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事