浮沼亭の“気まぐれ放談”

このところ「浮沼亭冷奴」よりも、弟子の「子ども落語家」の方が人気上昇、嬉しいような困ったような。

有難うごぜいやす これからは悪さはしませんけえ

2019年06月12日 00時00分57秒 | 日記

広島ブログ

4-5とファイターズを追い上げながら敗れたカープです。緒方監督の采配は不調の野間に代えた長野が2塁打、そしてバティスタの2点ホームランを呼び込みました。良かったのはそこまでで、田中は温存したままチャンスを作れずノーヒット、ファンの期待に応える采配とは思えません。

久々に三井権八「布野村妖界めぐり」の出番です。

横谷の吸谷川と吉谷川の合流するところの猿猴淵で、日の暮れる頃水浴びさせていた馬の尻尾を猿猴が引っ張って水中に引き込もうとするのでたまげた馬が家まで引っ張って帰りやんした。

 皆がよう見ると猿猴はぐったりしておりやんす。可哀相に思うて「これから悪戯なんぞするじゃあないで」と頭の皿に水をかけて放してやると、猿猴は「有難うごぜいやすこれからは悪さはしませんけえ」と言いながら淵に消えやんした。

猿猴(河童)はどこの地方でもよく出てくる妖怪です。非常に獰猛な河童もいるようですが、ここに出てきた猿猴はユーモラスなものでした。

 広島ブログ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 無視というのは最大の侮辱(... | トップ | 動物園に動物が侵入して閉園... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (晴れ)
2019-06-12 07:54:17
先日、中国新聞に大きく掲載されていましたね。
少し前も聖火ランナーでお名前が出ていたような。
三次の妖怪博物館は予想より賑わっているような気がします。
県北エリアが一体となって妖怪で盛り上がることを期待しています。
晴れさんへ (浮沼亭の気まぐれ放談)
2019-06-13 05:44:17
おやじクッキング、いつも楽しく拝見しています。そしてコメント有難うございました。
3っつの村の「妖界めぐり」は適宜、ブログで紹介して行こうと思っています。
聖火ランナーのことは55年も前の若かりしころの思い出です。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事