升井紘 浮沼亭日記

新型コロナも土砂災害も飛んで行け!

どっかの国会議員みたいに自分の(罪の)重さで落ちるという工夫

2021年06月10日 00時00分30秒 | 日記

広島ブログ

 65歳以上の高齢者のために自衛隊が設置したワクチン大規模接種センターへの“予約枠”が、ガラ空き状態となっている。8日、岸防衛相が、予約枠全体の8割が埋まっていないと明らかにした。

と報じられているのですが、当たり前ですよ!高齢者にLineで申し込みをしろ、とか接種会場へ満員電車で来い、とか・・どだい無理な注文です。

これが菅総理とっておきの接種秘策だなんて、党首討論でも「既に100万回接種している」なんて答えていましたが、自衛隊大規模接種センターへの“予約枠”が、ガラ空き状態を聞いて、笑ってしまいました。

おまけに「総理の100万回発言はちょっと間違いがある」と身内の官房長官が言ったとか。

それより素晴らしい農業新聞ニュースに出会いました。

岐阜県関市立旭ケ丘小学校6年生の栗山知大さんが、捕獲装置「ジャンボタニシの罠(わな)」を作成した。プラスチック製の植木鉢とペットボトルを利用して自作。市の発明展では市長賞となった。市はこの装置を活用して駆除に乗り出す予定だ。

この発明の凄いところは、タニシが逃げようとして侵入したところに這い上がるが、どっかの国会議員みたいに自分の(罪の)重さで落ちるという工夫です。

その仕組みは、

侵入したジャンボタニシは、植木鉢の側面を登って外へ脱出しようとする。だが、自身の重さによって切れ込みを入れたペットボトルがしなり、捕獲装置の中に落ちて戻ることになる。

広島ブログ

コメント (2)