美容と健康に悩む人たちと共に歩む

中性脂肪

みなさんこんにちは。


みなさんは今年の健康診断は受けられましたか?
既に結果が届いたという方も多くいらっしゃると思います。


先日、
「血液検査で中性脂肪の数値だけが高かった。
コレステロール値、善玉・悪玉の数値は正常な場合、何に気を付ければ良いか」

という質問を患者様から受けました。


中性脂肪は体に必要な要素でもありますが、
数値が高くなると肥満になるだけでなく、
動脈硬化や血管疾患を引き起こす恐れがあります。


しかし、中性脂肪値が高いだけでは自覚症状はなく、
放置されることが多いです。
また、医師の中には「様子を見ましょう」という方も多いようです。


中性脂肪値が高くなる原因としては、
日々の食生活の糖質・脂質の摂り過ぎや、
アルコール、喫煙が主な原因と考えられます。
また、ストレスが原因となることもあります。


今回の結果で中性脂肪値が高かった方は、
食生活や生活習慣を見直し、これ以上数値が上がらないように気を付けましょう。


では。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


カボス

みなさんこんにちは。


カボスには、大腸ガンのリスクを下げる効果が期待できることをご存知ですか?


カボスは1個約140gの柑橘類で、
主に大分県で生産・消費されています。
クエン酸やビタミンCが多く含まれていることから、
美肌効果、疲労回復効果、風邪予防、血圧の上昇を抑える効果がありますが、
近年、大腸ガンを予防する効果もあるのではないかと言われているようです。


その理由として、
大分県は大腸ガンによる死亡率が日本で一番少ないため、
カボスに含まれる
「ナリンジン」という成分が、
大腸ガンのリスクの低下に関与しているのではないかと
テレビで放送されました。


「ナリンジン」は、
カボスの皮の部分に多く含まれており、
強い抗酸化作用や、活性酸素を減らす効果があります。


医学的な立証は乏しいですが、
この成分が大腸ガンの予防の1つになれば良いですね。
普段捨ててしまいがちなカボスの皮も上手く調理し、
普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。


では。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


グルタチオン

みなさんこんにちは。

6月より新たな治療「白玉点滴」が始まりました。


「グルタチオン」という成分を高配合した白玉点滴は、
強力な美白作用やメラニン生成抑制作用、高い抗酸化力により、
シミやくすみを予防し、透明感のある肌へと改善する治療です。


「グルタチオン」は、グルタミン、システイン、グリシンという3つのアミノ酸で構成されており、
・メラニンの生成抑制
・抗酸化作用
・ターンオーバー促進
・肝機能の改善、保護
・貧血予防
などの効果が期待できます。


しかし、「グルタチオン」は、
20代をピークに減少するため、
自分で補わない限り増やす方法はありません。
また、グルタチオンが減少すると、
肌の老化や代謝の低下、肝機能の低下を進行させる可能性があるため、
定期的に体内に補給することをおすすめします。


白玉点滴は、
有効成分を直接血管内に注入するため、内服やサプリメントより成分がダイレクトに作用します。
外側からのスキンケアだけでなく、
内側からもケアをすることで、全身美白ケアが可能です。
また、今からの時期日焼けしたくない方にもおすすめです。


では。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


オスモチンとアディポネクチン

みなさん、こんにちは。


みなさんは「オスモチン」という物質をご存知ですか?
オスモチンは野菜や果物に含まれる植物由来のペプチドで、
ファイトケミカル(植物由来の化学物質)のひとつです。


植物に含まれるオスモチンは、人体のアディポネクチンと似た働きをしてくれます。


アディポネクチンとは、
脂肪細胞から分泌されるホルモンで、
メタボリックシンドロームや生活習慣病を防ぐ善玉物質として注目されており、
健康維持には欠かせないことから、
“超善玉ホルモン”とも言われています。


アディポネクチンは
善玉と悪玉の2種類あり、
お腹がビール腹のように出ている、
内臓脂肪型肥満では、肥大した脂肪細胞から悪玉ホルモンが分泌されています。


内臓脂肪型肥満の改善や生活習慣病を予防したい方は、
オスモチンの摂取をおすすめします。
オスモチンを体内に取り込むことでアディポネクチンの代役として働いてくれ、
脂肪と糖の代謝が促進されます。


オスモチンを含む代表的な食材はじゃがいもで、
別名“野菜のアディポネクチン”と言われるほど豊富に含まれています。

また、トマト、リンゴ、キウイなどにも含まれているため、
ぜひ日々の食事に取り入れてくださいね。


では。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


ニラ

みなさん、こんにちは。


本日は今が旬のニラについてお話いたします。
ニラの独特なニオイが苦手な女性が多いようですが、
ダイエット効果が期待できることをご存知でしょうか?


ニラは、
1束20kcalと大変低カロリーで、
カリウム、モリブデン、鉄、食物繊維などが豊富に含まれているため、
ダイエットに最適な食材といえます。


・カリウム…むくみ解消効果
・モリブデン…代謝アップ効果
・鉄…ダイエットによる鉄欠症貧血防止
・食物繊維…便秘解消


また、
ビタミンB1も含まれているため、
糖質のエネルギー代謝を促進し、食べた物を消化してエネルギーに変換することができます。


さらに独特なニオイの元である、
“アリシン”という物質には強い抗酸化作用があるため、
老化防止やホルモンバランスの乱れを防止も期待できます。


料理の仕方によっては独特なニオイを消す方法もあるそうなので、
ダイエット中の方はニラを食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?


では。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


モナリザ症候群

みなさん、こんにちは。

以前ブログでモナリザ症候群についてお話しいたしましたが、
改めてモナリザ症候群とは何か説明させていただきます。


モナリザ症候群は有名な絵画ではなく、
“Most obesity known are low in sympathetic activity.”
の頭文字をとったものであり、
肥満者の大多数は交感神経の働きが衰えている
という意味です。


この症候群を回避するためには、
交感神経と副交感神経のメリハリが大切だと
医師の森田豊氏が語っている記事を目にしました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180507-00168817-diamond-soci


ダイエットにとっても、食事量を減らしたり、
運動をしたりするだけでは体重減少効果を得られない患者様がたくさんいらっしゃいます。
体重が減少しない理由は、加齢や基礎代謝の減少などさまざまありますが、
交感神経と副交感神経のメリハリも大切です。


交感神経と副交感神経のメリハリをつけるためには、
森田豊氏が仰っている以外に、
十分な睡眠(副交感神経を優位とさせる)と
朝食を摂ること(福交感神経から交感神経リセットさせる)も大切だと感じています。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


間欠的ファスティング

みなさん、こんにちは。
みなさんは「間欠的ファスティング」をご存知でしょうか?


「間欠的ファスティング」は、
週に1~2回、食事の間隔を16~42時間と意識的に長く空ける断食法で、
欧米では主流のダイエット法です。

継続することで人の体は正しいホルモンバランスにリセットされ、
肥満や糖尿病予防に繋がるといわれています。


また効果として、
①デトックス効果
②リセット効果
③メンタル効果
が期待できるそうです。


しかし、このような絶食時の問題として、
たんぱく質不足や鉄不足、ビタミン不足などが挙げられます。
そうならないために、
絶食時に不足しがちな栄養素を積極的に補給していくことが必要です。


間欠的ファスティングの是非についてですが、
私としては
カロリーディストラクションとして、
一般的なダイエット法(食事制限のみ、ファスティングなし)が
一番良いと考えております。


ただし外食などで1日のカロリー摂取量が多くなった日の翌日は、
断食をとは言いませんが、
お粥や野菜などでカロリー摂取の制限をおすすめしております。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


ゴールデンウィーク

みなさん、こんにちは。
ゴールデンウィーク真只中ですが、
いかがお過ごしでしょうか。


ダイエット中の方にとって、
ゴールデンウィークは年末年始と同様に厳しい時期といえるでしょう。


長期休暇は普段と異なる生活習慣や暴飲暴食が続き、
体重増加だけでなく、
リバウンドもしがちです。


ゴールデンウィーク期間中はいつもと同じように生活することが望ましいのですが、
旅行や帰省など、中々普段通りに過ごすことは難しいですよね。


そこで、今の時期は天候に恵まれており外で過ごしやすいため、
野外でのウォーキングや運動を提案しています。
ただし、紫外線が強い時期ですので、
UVケアを心掛けましょう。


ダイエット中の休暇の過ごし方は大切です。
生活習慣を出来るだけ崩さずに、
楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


徐放型製剤

みなさん、こんにちは。
最近、医薬品の〝徐放型製剤”が次から次へと開発されています。


既存の医薬品は即効性に優れたものが多くみられましたが、
投薬を続けなければその効果が薄くなってしまうため、
1日2回など継続して投薬をしなければならないというデメリットがあります。
また、副作用が出る場合もあります。


しかし徐放型製剤は、
時間をかけて有効成分が体内へと放出されていくため(ドラッグデリバリーシステム)、
効果の持続と副作用を軽減できます。
徐放型製剤は特別なコーティングをしているため、
服用する際にかみ砕くなどの行為をしてはいけません。


当院ではこの徐放性(ドラッグデリバリーシステム)を利用した、
安全で効果が高いとされている
「プロストロレーン インナーB」という新しい脂肪溶解注射を導入いたしました。

この「プロストロレーン インナーB」は、
脂肪溶解注射では初めてドラッグデリバリーシステムを採用した
ペプチド配合の製剤で、
今ある脂肪を溶かすだけでなく、
新しい脂肪をつくらせないというダブル効果が期待できます。


当院が都内初導入し、患者様にもご好評いただいております。
脂肪吸引に抵抗がある方、ダイエットではなかなか落ちない太ももや二の腕などのお肉を落としたい方にぜひ受けていただきたい最新治療です。


では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


オルトレキシア



みなさん、こんにちは。
みなさんは、「オルトレキシア」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。


「オルトレキシア」とは、
1997年にスティーブンブラットマン博士によって提唱された新型の摂食障害です。
健康的で自然な食事をしたいという考えから、
その人が不健康だと考える成分が含まれている食品(人工甘味料、グルテン、トランス脂肪酸など)を
避けようとするあまり、
栄養バランスが偏ってしますまうような摂食障害をいいます。


原因としては、
インターネットやSNSの普及により、
憧れとするモデルや女優がどのような物を食べているかが分かり、
極端にその物ばかり食べたり、
食の安全性を心配し、極端にその食品を避けたりすることで発症します。
ちなみに「オルトレキシア」は、
神経性食欲不振症や過食症とは違う摂食障害として扱われています。


このような極端すぎるダイエットは、
栄養不足のために一時的に減量しますが、
貧血や骨粗しょう症を引き起こす可能性もあります。


この「オルトレキシア」に対するはっきりとした治療方針は決まっていませんが、
全てのものや食品にはメリットとデメリットがあることなどを考えたり、
食について相談したりすることが有効かもしれません。
栄養士、時には精神科医とのカウンセリングもひとつの手段であると考えます。


では。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


« 前ページ