ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

KAIRBETTA WINTER FROST  =LUPICIA=

2017年06月18日 01時12分58秒 | Tea・coffee・Juice

アイスティーをそろそろ作ろうかな~と、

久しぶりにルピシア立ち寄りました~

合わせたいフルーツのイメージから、

ニルギリを買おうと決めていました~

しかし、入店してすぐに、日本茶の試飲3種させていただいたら、

日本茶に目が行ったり、

ダージリン春摘みの、キャッスルトンが、残り1点になっていて、

目が行ったり・・・でした~

しかし、そうそう~、ニルギリを買わないと~と、見せて頂きました~。

4月のルピシアだよりで紹介されていた、クオリティーシーズンのニルギリ・・・、カイルベッタ・ウインター・フロストの乾燥茶葉の色と香りを見せて頂きました~

クセがないので、アイスティーにニルギリを・・・と思っていたのですが、

このお茶は、香りを嗅いだ瞬間、ダージリン春摘みみたいだ~と感じました~

ダージリン春摘みと区別つかないくらいです。

この茶葉は、アイスバリエーションよりは、

水出しに合いそうな気がしました~。

今回は、これを購入し、帰宅後、すぐに水出し用に作り、冷蔵庫内で抽出中~。

ホットのを飲んでみました~

旨味が凝縮されたような乾燥茶葉の香りから、

さじ加減は、少なめくらいが美味しくはいるように思いました~

あと、お湯の温度は、ルピシアの目安としては、85~95度で、幅があるので、お好みで好きなようにいれれば良いのですが、完全沸騰させた熱湯を一呼吸置いたものくらいの温度でも良さそうに思いました~

少し低めの温度の湯を使う場合は、抽出時間の目安の4~5分と言う時間で、ゆっくり時間をかけて抽出しても良いかもしれません。色々試してみようと思います~。

ダージリン春摘みを思わせるようなニルギリですが、

ダージリンより、リーズナブルな価格で購入できる魅力もあります~

いつもの印象のニルギリとは違うと感じただけあって、

ルピシア側も、本当に素晴らしい品質とか、絶品中の絶品と、おすすめのニルギリのようです~

蜂蜜を用意してみましたが、

まずは、ストレートで味わってみたいお茶です。

風味は、高品質なダージリン春摘みみたいな感じでした~。

今年は、モンスーンが吹かない地域が多く、

例年にない乾燥を記録したのだそうです~。

その為、高品質なお茶は、ごくわずかだったようです~。

このお茶は、1月下旬、霧が下りるほど、寒い中、カイルペッダ茶園で摘まれた、貴重な茶のようです~。

茶園に霜が下りるほど寒さが厳しい早朝に、丁寧に手摘みされ、作られたお茶なのだそうです。

香りがダージリン春摘みを思わされるな印象で、通常のニルギリのイメージとは、又違ったもののように思います。

寒さにより、ぎゅっと濃縮された香気成分がつまっていて、香り高いお茶となったようです。

風味は、高品質と言われるだけあって、フレッシュ感が半端なく、いれ方によっては、渋みもかなり感じますが、

上手く風味を引き出すと、フルーティーさ等の優雅な魅力も引き出せます。

いれ方で、色々な顔を引き出せそうですが、

基本的には、ダージリン春摘みに似た風味です。

 

ダージリン茶園とは、離れたところに位置するニルギリの茶園だけに、

こんなにダージリン春摘みの印象に似たニルギリは、ちょっと驚き。

貴重な出会いだな~と感じました~

茶葉の種類は、どちらも中国種からなるものが主かと思いますので、

そこは、似ている気がしますが。

 

水出しも飲むのが楽しみです~

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PATISSERIE PI... | トップ | 杏仁豆腐の冷菓 et ドラマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Tea・coffee・Juice」カテゴリの最新記事