ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

Chiffre (数字) Numéro 1

2019年07月02日 13時35分00秒 | Sweets

時々隊長とか呼ばれていらっしゃる方~、

向上心がおありだな~って、

記事を拝見していて、時々感じたりします。

上から目線な感じじゃなくて、

初めて記事を拝見させていただいた時から、そう感じています。

こちらも、色々気づかされ、勉強になる事があります~、

ありがとうございます~

 

・・・そんな事で、

以前も、数字の記事、書いた事がありますが~、

又違った形で、書いてみようと思いました~

前記事のコメントにありましたので~

 

やはり、まずは、1~10を知るのが良いかと思います~

1→un(une) アン(ユヌ)

2→deux   ドゥ

3→ trois   トロワ

4→quatre  カトル

5→cinq   サンク

6→six    スィス

7→sept   セット

8→huit   ユィット

9→neuf   ヌフ

10→dix   ディス

 

・・・ですね~

 

1のところですが、un(une) とありますね~。

これは、例えば、garçon(男の子、少年の意)だと、男性名詞なので、unを使いまして→un garçon (1人の少年)となります。

又、fille (女の子、少女の意)だと、女性名詞なので、une を使いまして→une fille  (1人の少女)となります。

 

これら数字は、日頃、気づかないうちに、沢山目にしている事と思います~

例えば、2ですが~、

LES DEUX MAGOTS (レ ドゥー マゴ)と言うカフェが、あるのですが、”2対の陶製人形”と言う意味の語が、店名に使われています~

このMAGOTは、陶製人形(中国、日本のずんぐりした形の置物)を意味する語で、

このお店には、とても存在感のある、2つ対になった、ちょっとリアル感ある、

・・・何となく隊長が好まれるような感じ(笑)の、ちょっと神秘的な人形が存在するのです。

deuxだから、magotに、複数形のsがついて、magotsです。

このカフェは、パリのサンジェルマン・デ・プレにあるのですが、

私は、2度だったか、行った事がありますが、必ず見入ってしまっています~(笑)

(LES DEUX MAGOTS 渋谷店もあります。)

 

例えば、4ですが~、

quatre saisons (カトル セゾン)と言う人気の雑貨店があります~

1968年に、パリに誕生したお店で、日本では、1号店が、1987年、quatre saisons  tokyo  として、誕生し、

以来、日本のあちこちに存在する、私の大好きな雑貨店です~

4つの季節→”四季”を意味します~


例えば、10ですが~、

Dans Dix ans(ダンディゾン)と言う、人気パン屋さんが、吉祥寺にあります~

dans (ダン)と言う前置詞には、様々な意味があり、時間を表す時に使う場合には、

”~後に”と言う意味で使われます~。

なので、an (年)を使って、Dix ans(ans は、an の複数形)で、10年となり、

Dans Dix ansは、”10年後に・・・”と言う意味になります~。

オーナーの方は、素晴らしい現実的な将来をイメージして、店名を付けられたのではなかったかな~。

 

・・・とこんな感じで、

フランス語の数字は、とにかく、様々なところで、見受けられるので、

沢山身近なところで、発見して下さいね~

1~10が馴染んだら、次に進まれると良いかと思います~

 

又11~20とか、upしてみようかな~と思います~

 

 

*時々隊長な方~、

沢山、ティーガーデン、初期の記事をご覧下さり、

大変ありがたく感じております~

ウエントワース・・・で、脳が活性化し過ぎて、

お疲れのないよう~、”無”になるお時間も、大切にして下さいませ~

 

 

 

*chiffre  (数字)は、シフル と読みます~

*フォトは、カカオエット・パリの、キャラメル・ポップコーン・ショコラと、マンディアン~

昨日のデイジーと私の、お茶のおともでした~ 


コメント (5)   この記事についてブログを書く
« お礼の表現 ~♪ | トップ | Chiffre (数字) Numéro 2 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (necesito)
2019-07-02 19:05:51
ビオラさま

こんばんは〜

へんなとこに送信ボタンがあって
ミスが多いいのですが

コメント入れましたが
送信してますか?
Unknown (ビオラ)
2019-07-02 19:18:58
necesito 様へ

今晩は〜☆
何かコメントしてくださったのでしょうか?
19:05:51の時間の以外のは、見当たらないですが。
それじゃなくって?
Unknown (necesito)
2019-07-02 20:19:17
ではでは
こちらを
ご覧くださいね

ビオラさま

こんばんは

数字ありがとうございます😊

chiffre 数字 読みかた教えてください

1→un(une) アン(ユヌ)
2→deux   ドゥ
3→ trois   トロワ
4→quatre  カトル
5→cinq   サンク
6→six    スィス
7→sept   セット
8→huit   ウィット
9→neuf   ヌフ
10→dix   ディス

読みかたの注意点はございますでしょうか?

最後のエックスは?
sept セット どうしてpは発音しないんですか?
英語のアブクド読みみたいな法則があるのでしょうか?
ぜひ教えていただきたいです
お願いします🥺

スペイン語はほぼローマ字読みなので助かりますが
フランス語はムズイですねー😂


話は変わりますが
デイジーさんの誕生日と僕の誕生日
もしかして…

そしてそして
平成8年…
あとは
un secret…
ということで😅あってます?

huluでマダム セクレタリーってやってます これもまたおもろいです

ウェントワースは週末のみ一気見でございますのでご安心くださいね

ビオラ様の過去ログ
少しずつ拝見させていただきます
ものすごい量なので
密かな楽しみとさせていただきます










でございます

ではまた
お邪魔させていただきます

Je vous remercie beaucoup.
Unknown (ビオラ)
2019-07-02 22:07:51
necesito 様へ

今晩は~
お返事が又遅くなっちゃった~、ごめんなさい。

謝らないといけない箇所があります。
私、
8→huit   ウィット・・・って、書きましたね。これ、
8→huit   ユィットです。

書き間違えてしまいました。「ユ」です。
後で、記事の方も書き直しますね。
ごめんね~、大事な一文字を間違えて。

読み方は、結構実際の発音は、どれも特徴的で、特に、「r」が入っている、3や4は、かなり特徴的。
YouTubeで、フランス語の数字の発音をしているフランス人の方のを、ちょっと聴いてみて下さい。そうすると、なるほど~こんな感じね~って、イメージがつかめますよ~多分~


フランス語は、語末の子音字は、読むものと読まないものがあります。
sept のp ・・・、どうして読まないか・・・、どうしてでしょう~?私は、そう言うものだと思うようにして発音して来たので、あまり深く考えた事なかったです。もしわかったら、すぐに、お教えしますね~。

six dix の語末のx ですが、数字の語末のx は、「ス」と発音すると言うルールがあるようです。

フランス語の1~10までの数字、これだけですまないところがフランス語です。
これに、an (年)、euro (ユーロ)、minute (分)と言った単位が付くと、又発音が少々違って来ます~それは又次回にでも~。
Unknown (ビオラ)
2019-07-02 22:20:43
necesito 様へ

続きです~

私も、先日、necesito様の記事を拝見している間に、バースデーの事、気づきました~
でも、多分、デイジーより、1日早いのでは?とその時、思ったのですが~?

バースデーって、とっても不思議な事色々あって、以前の職場の固定メンバーの方々で、男性2名いらっしゃった時期があったのですが、1名の方は、私より1日早いバースデーで、もう1名の方は、デイジーと同日だったのですよ~、ビックリ!そして、その職場全体では、私と同じバースデー月や星座が同じの人が、多くいらっしゃったのですよ~。単なる偶然かもしれないけれど、何となく不思議な感じでしたね~(笑)

そんなに楽しみにしていただけるほどの、過去記事でもないけれどね~(苦笑)
あ~こんな事あったな~とか、後で見ると、懐かしい感じはあるけれどね~。

おもろい(←マネしてみた・・・苦笑)ドラマ、色々知ったはるんやね~(笑)

Je vous en prie.

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Sweets」カテゴリの最新記事