ティーガーデン

大好きな紅茶を飲みながら、日々の生活で
咲いた花々(さまざまな素敵)をご紹介していきます。

秋深しお茶の時間  =重陽の節句=

2017年10月28日 13時56分13秒 | Tea・coffee・Juice

バイヤー様の、秋の和菓子と紅茶のご提案~、秋にまつわるお話とともに、とっても味わい深いものでした~

今から楽しめる秋の行事・・・、

重陽の節句(菊の節句)が旧暦の9月9日の新暦が10月28日(本日です)、

後の名月(栗名月、豆名月)が旧暦9月13日の新暦が11月1日。

 

重陽の節句・・・、日本においての、五節句として、重要な節句の中で、現在ほとんど知られていない「重陽の節句」と言うのがあるようです~

この節句について、よく知らないので、さらりとバイヤー様からお聞きしたけれど、ちょっと調べてみました~

平安時代あたりからあるもののようです。

陰陽の思想では、奇数と言うのは、陽の数らしいです。(現代も、祝い事には、奇数と言う感じですものね。)

9月9日と言うのは、陽の数の中でも、一番大きな数字で、それが、重なると言う事から、重陽・・・と言うようです。

初めの考え方は、陽の大きな数字が重なる事で、力が大きくなりすぎ、それが不吉の象徴とされ、邪気を払う意味の行事だったようです。

しかし、後の考え方は、大きな陽の数が重なる事は、吉祥であるとされ、祝い事の行事に転じたそうです。

 

邪気を払い、長寿を祝う行事と言う事となったようです。

 

菊の咲く時期と言う事で、菊がその象徴に使われたようで、菊を飾ったり、菊の花びらを浮かべたお酒・・・、菊花酒を飲んだりしたそうです。

又、前夜には、菊の花に綿をのせて、それに夜露を染み渡らせ、その露で、身体をぬぐう事で、特別な力がさずかり、長生きできると言う、長寿の願い方があったようです。

 

今も、菊の花を沢山栽培なされているところ等では、菊の花の上に綿をのせて、長寿を祝っているのか、そのような場面が見られる場所もあるようです。

 

それにちなんだ和菓子があるようで、さまざまな和菓子屋さんで、お目にかかれるようです。

”着せ綿”と言う主菓子。

 

イベントでは”着せ綿”の画像は資料で頂きました。京都は末富さんの、”着せ綿”を教えていただきました~。

いつか必ず食してみたいです~。

 

今回は、重陽の節句のお話とともに、茶色の羊羹・・・、京都は亀廣永さんの、”したたり”と言うお菓子をいただきました~。

祇園祭で、菊水鉾と言うのがあり、菊水鉾のお茶会で、この”したたり”と言う羊羹がお出しされるとの事。

「菊の露(←したたり)を飲んで700歳の長寿に恵まれた」と言う、中国の故事『菊慈童』に因んで命名されたお菓子のようです~

 

 

お話が長くなっちゃったので、重陽の節句のお話で終わっておきます~(笑)

 

そして、これ大事~。

したたりに合わせた紅茶は、なんとアールグレイでした~。

思わず、あーるぐれい・・・と書きたくなりそうです~(笑)

 

アールグレイは、柑橘系のベルガモットの香りが着香されている紅茶です。

したたりは、黒糖を使ったお菓子ですが、実は、黒糖と柑橘系は、とっても相性が良いとの事・・・、

頂いてみましたが・・・、まさに絶妙のマッチングでした~、新発見させていただきました~

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 秋のとある日、和菓子と紅茶 | トップ | 雨の日は、スタンダードなア... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして^ ^ (香音)
2017-10-28 20:39:20
私も紅茶が好きなので読者登録させて頂きます😊
よろしくお願いします✨
アールグレイと黒糖が相性良いんですかあ。
今度楽しみに頂いてみます💕
Unknown (ビオラ)
2017-10-28 20:54:52
香音様へ

初めまして~
私も読者登録させていただきました。
よろしくお願い致します~

沖縄旅行のフォト・・・、沢山撮影なさっていますね~
黒糖の色々がupされていましたね~
先日デイジーパパの友人から、黒糖を頂いたのを思い出しました~。

そうなんです~、アールグレイ×黒糖を使った羊羹は、風味が融合してとても美味しかったです~
黒糖って、柑橘系と相性が良いのだそうです。
なので、この羊羹に、ゆずのセミドライピールとか添えても、彩も美しくなるし、風味もupしそう~とか思いました~
アールグレイととっても合いました。全く違和感なく。

ちょっと新鮮な感覚で頂けましたわ~


香音さんのフォトで、シーサーさんの可愛いのが登場していましたが、それを見て、我が家にあります、シンガポールでゲットしました、マーライオンが浮かんで来ましたわ~(笑)
Unknown (はまかぜ)
2017-10-30 21:46:36
重陽の節句、とても深い意味がありますね
一番大きな陽の数が二つ並んで吉兆なのですね。

700年も生きたら、戦国時代よりさらに前に遡ることになるなと思いました。
果てしない長さだと思います。
羊羮は、普段はあまり食べないのですが、たまに食べるとやはり美味しいなと思います。
黒糖と柑橘系の相性が良いのは意識したことがなかったので、今度試してみようと思います
Unknown (ビオラ)
2017-10-31 00:18:57
はまかぜさんへ

今晩は~
最初は、陽の一番大きな数が重なると、力が大き過ぎて、不吉とされていたとか・・・、後には、考え方と言うかとらえ方が、良い方向に転じたので、良かったなと思います。

和菓子には、色々な由来があって、それを探りながら、お茶の時間に話題にするのは、素敵だなと思います~

そうそう・・・、はまかぜさんに1つ良い事教えます~
羊羹のいただき方なのですが、フォトに、細かい羊羹と、少し大きめの羊羹と、サイズ違いがプレートにのっているのわかるでしょ?
それはどういう事かと言うと、羊羹のサイズの違いで、甘味の感じ方が微妙に違ってくると言う事を教えていただいたのですよ~
もしお時間に余裕がある時に、羊羹を食べたら、ぜひ、サイズ違いにカットして、美味しいお茶や紅茶と一緒に、味わってみて下さいね~

お近くにあるかどうかわかりませんが、とらやの一口サイズの羊羹も、手軽で種類多く、とてもおすすめです~
私、10月初めの帰省の際に、とらやの一口サイズの羊羹を1つ買って食し、ほっこりしました~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Tea・coffee・Juice」カテゴリの最新記事