A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

【配信ライヴ観戦記】ロック編:LAUGHIN' NOSE/ロビン・ヒッチコック/新型コロナ解放ノ為ノ音楽/ヒカシュー

2020年07月03日 01時47分36秒 | ロッケンロール万歳!


夜の街へ出かける機会が少ないポストコロナ・アーリーデイズの現在、配信ライヴやネットイベントがライヴ愛好家の日常になりつつある。それはアイドルだけでなく、ロックやパンクやオルタナや地下音楽でも同じである。80年代10~20代の頃に好きだったバンドやアーティストのナマのパフォーマンスを同時配信ライヴで、自宅で楽しめる時代が来るとは、つい4か月前までは想像だにしなかった。そんな歓びの日々の記録である。

●LAUGHIN' NOSE


<生配信ライブ “LAUGHIN’S NOT DEAD”>
日程:2020年6月20日 (土)
時間:20時00分~21時30分(*生配信のため、多少前後する可能性がございます。)
チケット料金:1,000円

80年代日本のパンクの立役者、ラフィン・ノーズの最初で最後の配信ライヴ。勝手知ったる新宿ロフトで爆裂するCharmy(vo), Lina(g)、Pon(b)、Chi-chan(ds)のパフォーマンスは無観客でもOi Oi Oiとコールする満場のパンクキッズを幻視する爽快な配信ライヴだった。もうひとつのパンクの雄、STAR CLUBも配信ライヴをやってくれれば嬉しい。




●Robyn Hitchcock with Emma Swift


LIVE FROM SWEET HOME QUARANTINE: "EYE" ALBUM played in full
6月25日(木) 10:00~10:40(日本時間)

79年Soft Boysを率いて音楽シーンに登場して以来、オルタナポップの影の番長として異彩を放つロビン・ヒッチコックがテネシー州ナッシュビルの自宅から送る配信ライヴ。現地は水曜日の午後8時。日本時間は翌日の午前10時だからテレワークそっちのけで楽しめた。1990年のアコースティック弾語りアルバム『EYE』の曲をパートナーのエマ・スウィフトをゲストに披露。30年前のアルバムが現代によみがえった。


●新型コロナ 解放ノ為ノ音楽 x精神x


出演:JOJO広重(非常階段)×音楽評論家・小野島大
06.29 (月) 20:00 ⇨ 07.02 (木) / ライブ配信 6/29 〜20:00 / アーカイブ視聴 7/02 23:59まで

関西アンダーグラウンドの秘蔵ビデオをJOJO広重の解説入りで観るアーカイヴ番組。YouTubeやDVDRで見覚えのある映像も多かったが、こうしてまとめて観れる機会は滅多にない。極悪非道な乱行の数々も伝説になれば憧れの対象になる。過去のアーカイヴが世に出ることは大歓迎だが、現代同じことをやったら犯罪行為として投獄されかねない。あくまでヒントとして、21世紀のやり方を考えるべきだろう。




●Robyn Hitchcock with Emma Swift


LIVE FROM SWEET HOME QUARANTINE: EYE OUTTAKES and REQUESTS
7月2日(木) 10:00~10:40(日本時間)

先週に続いてナッシュビルから生配信。今日誕生日のデボラ・ハリーの写真が壁に貼ってある。アルバム『EYE』のアウトテイクを中心にエマ・スウィフトをゲストに心温まるパフォーマンスを堪能した。また来週が楽しみ。


ヒカシュー


マンスリーヒカシュー7月編~4ヶ月ぶりにスターパインズカフェで会いまょう! お家でも楽しめる生配信ライブ!!!!
2020年7月2日(木) 配信開始19:20、演奏開始19:30
配信価格:¥2500、当日19:30以降¥3000
(7月6日(月)23:59までアーカイブでの視聴が可能です) 
チケットはこちらから https://tiget.net/events/94702

吉祥寺スターパインズカフェで毎月ライヴを行っているヒカシューの4か月ぶりの有観客ライヴを生配信。デビュー40周年だった2019年は、過去の曲を100曲もライヴで再現したというが、今年は毎回新曲を披露することにしたという。近年前衛性・即興性の高い曲を中心に発表していたが、41年目のヒカシューの新曲は、アヴァンギャルドな中にもオーソドックスなポップ感覚あふれる温故知新スタイルのように感じた。9月にヒカシューのニュー・アルバムをリリース、その前の7月にMAKIGAMI SANTACHI(巻上公一、三田超人、坂出雅海)の新作をリリースすることが発表された。



配信で
ロック魂
萌えあがる

LAUGHIN’NOSE - '83.11.17 スタジオあひる
コメント   この記事についてブログを書く
« 【灰野敬二ライヴ情報】ポス... | トップ | 【JazzTokyo#267更新】『The ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ロッケンロール万歳!」カテゴリの最新記事