A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

【JazzTokyo#246更新】『パク・ハンアル、C.シコラ、N.ディドゥコフスキー/エリス 136199』『Jazz Art せんがわ2018』『ピーター・エヴァンス』

2018年10月07日 23時23分43秒 | 素晴らしき変態音楽


Jazz Tokyo #246 が更新された。カバーストーリーは初来日を果たしたピーター・エヴァンス。他に「追悼:ランディ・ウェストン」「Jazz Art せんがわ2018」。剛田武は以下のディスク・レヴュー、ライヴ・レポート(一部を含む)を寄稿。

『パク・ハンアル、キャスリン・シコラ、ニック・ディドゥコフスキー/エリス 136199』

#1551 『Han-earl Park, Catherine Sikora and Nick Didkovsky / Eris 136199』

逸脱の極みは伝統賛美に通ず。
逸脱を極めれば極めるほど、古典や伝統への親和性が高くなる。異才ギタリスト、パク・ハンアル率いる無名の小惑星の名前を持つトリオの演奏は、まだ誰も提唱していない「特殊逸脱性理論(Special Deviation Theory)」の確立なのかもしれない。

Monopod: Eris 136199: Han-earl Park, Catherine Sikora and Nick Didkovsky (Brooklyn, 06-05-13)



JAZZ ART せんがわ 2018

#1030 JAZZ ART せんがわ 2018

何百億円も費やす国家的一大イベントに引けを取らない市民レベルの国際音楽交流の場『Jazz Art せんがわ』を経験出来る僕たちは、メダリストにも負けない貴重な記憶の更新者なのである。

9月15日(土)
坂本弘道ディレクション:ピーター・エヴァンス×石川高×今西紅雪/千野秀一/坂本弘道
巻上公一ディレクション:ヒカシュー×SAICOBAB

9月16日(日)
Quebec/Japanプログラム:ルネ・リュシエクインテット/原田節×巻上公一 Alive Painting:中山晃子
藤原清登ディレクション:坂田明×ピーター・エヴァンス×藤原清登×レジー・ニコルソン×藤山裕子

「JAZZ ART せんがわ」ダイジェスト



Cross Review:ピーター・エヴァンス@Jazz Art せんがわ2018

#1033 Cross Review:ピーター・エヴァンス@Jazz Art せんがわ2018

注目のトランペット奏者ピーター・エヴァンスの初来日公演「JAZZ ART せんがわ2018」でのステージを3人のコントリビューターがクロス・レビュー。それぞれ異なる視点から分析する。

Peter Evans- solo trumpet: Mirrors of Infinity


こどもたち
学習したら
おとなたち



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【私のB級サイケ蒐集癖】第18... | トップ | 是巨人+宮本玲/xoxo(Kiss&H... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

素晴らしき変態音楽」カテゴリの最新記事