地方(ローカル)には、その土地独自の話し方、方言、つまり訛りがある。 同じ国(土地)同士ならば、訛りは通じるが、土地が違うと途端に通じなくなり、とても不便で支障が生じる。 先の戦時中、津軽(現 青森県)の軍隊の兵隊さんが山形の軍隊へ無線連絡をしたが、相手が何を言っているのか、さっぱり分からず 「山形だから通じない、隣の秋田の軍隊ならば通じるだろう」 と試みたが 「だめだ〜、もっとわからね〜」 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



何事も最初のアクションには、失敗や批判などは付き物。 その最初のアクションに 「いいね!」 と賞賛してすぐに堂々と真似る人もいれば、笑って陰口を叩く人もいる。 世の中は不思議なもので、陰口を叩き批難した人が、後で堂々と同じようなことをしている、ことが多い。 安全と合理性を考え、慎重に真似る人もいれば、貶され褒められの凸凹に生きる人もいるだろう。 どちらが楽か? と問われたら答えは直ぐ出るが . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



粟谷明生のオフィシャルサイト「粟谷明生の能がたり」の演能レポート『岩船』を更新いたしました。 お読みいただきたく、ご紹介いたします。 こちらから . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )