京急線の上大岡駅からタクシーで5分 すごい急坂の山を越えると「久良岐能舞台」が ひっそりとありまして、幸流・成田達志氏の 錬成会が行われました。 私、この舞台は、はじめて、 舞台としてはやや狭いく、 楽屋もちょっと不自由ですが、 まあお庭の景色が良いので~~~ 帳消しにします。 喜多流は3番 私と友枝雄人君とで、舞囃子を謡ってきました。 会員の皆様、ご立派に打たれて、 ご本人のお勉強の . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



酒田の稽古も終わり、 男子7名と「兵六玉」で乾杯 東京では珍しい「竹豆腐」を注文 やや固めの豆腐に滑子が載せられ だし汁をかけて食べる これが私の好物 「あ~~ノドグロがあるんだ え~¥980!」 「はい、では、のどぐろ焼きですね?」 「ちょっと、待った!煮てくれる?」 「聞いてきま~~~~す は~~い大丈夫です」 が、これ! ややコブリだが、申し分なし ということ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



羽田から一時間で庄内空港だが、 途中に見えた山々が綺麗なので、 撮影してみた。 庄内は寒い。 時間があるので、今年最後の土門記念館に足を運ぶ 公益文化大学のバス停で下車 徒歩7,8分で土門記念館だ。 まわりの景色は秋、秋、晩秋だ 記念館の前にある池には、水鳥が・・・・ 人が近づいても驚きもしない さて、5時から稽古して・・・・・ あ!そろそろ準備しなくては . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



早いもので、もう11月も、あと7日間しかない 11月30日は『檜垣』の申合、 本番は12月2日(木)18時から国立能楽堂です。 先日、シテの友枝昭世師と粟谷能夫氏と私の三者で 『檜垣』を勤めるにあたって会談をしてきました。 で~~ 昔、梅若何某さんの『檜垣』は二時間半もかかったとか。 うわ~~ 長いよ、 そこで、三者の方針。 老女物だから、と言って、ただただ大事にゆっくり、 スローにや . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



昨日は、大阪に飛んで阪大の自演会最終稽古 いつものようにANAのラウンジに入ろうとしたら な、なんと閉鎖されている。 「う?なに? 場所が移動した?」 というので、また戻り探していると ありました。 中に入ると、綺麗なラウンジ まるで成田空港のラウンジように広くてオシャレ、 いつもように時間ギリギリまで、ネットを繋げて メールチェック、 椅子も座りやすく、快適 ただ気になることが、 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



菊生会大会も無事盛会に終了しました。 お弟子さま達、皆様ご立派に舞われ、謡われ 屹度、あの世の父も、 喜んでくれているでしょう。 今回は、私の番外仕舞『実盛』の後に 息子尚生(たかお)に番外能『小鍛冶』 を勤めさせました。 お素人さまの発表の場に、タマゴとは言え、 玄人が能を披露するのは、私としては、 あまり好ましいことではない、と考えていましたが 父の言葉の 「出来るだけたくさん舞わす . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



本日は、父・菊生に習われて、今は私が指導している 菊生会の大会です。 会は10時40分からはじまりますが、 まず一番最初は、私が指導しております 佐藤 陽君の番外仕舞『賀茂』からです。 続いて、連吟『大江山』『綾鼓』『紅葉狩』など 舞囃子・仕舞など、社中の皆様の日頃の お稽古の成果をご覧いただきたく、喜多能楽堂への ご来場をお待ちしております。 夕方4時頃より、 番外仕舞 『実盛』 粟谷 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



これから「かもん山能」で『鬼界島』を謡います。 今回は常の動きのない初同ではなく、酒を酌み交わす 古い型で行われます。 喜多流では、まずツレの康頼、そして主ツレの成経を 経験して、シテを勤めることが出来ます。 シテの頭の扮装は花帽子、沙門帽子、黒頭といろいろです。 父は花帽子を好みましたが、あれ実は息苦しいのです。 今回は黒頭でやられます。 さあ、謡ってきます。 明日は、社中の会が喜多能 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



23年の式能のチラシが出来上がりました! 私は、第二部のトメ、 能『鞍馬天狗』白頭を勤めます。 『鞍馬天狗』は可愛い子方やお花見さんが登場します。 今回の子方は内田貴成君(小4)【内田成信氏長男】 お花見役を登場順に紹介します。 金子天晟君(小2)【金子敬一郎氏次男】 友枝大風君(小1)【友枝真也氏長男】に 人間国宝の野村 萬氏、宝生 閑氏のお孫様 野村真之介君(小1)【野村万蔵氏次 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



平成23年の喜多流・自主公演の番組が発表されました。 1月9日(日) 『翁』内田成信 『高砂』長島 茂 『巴』友枝雄人 2月27日(日) 『田村』狩野了一 『東北』友枝真也 『綾鼓』大島政允 3月27日(日) 『忠度』中村邦生 『源氏供養』大島輝久 『海人』香川靖嗣 4月24日(日) 『東岸居士』友枝昭世 『千寿』金子敬一郎 『項羽』粟谷浩之 5月22日(日) 『橋弁慶』内田安信 『湯谷 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



おはようございます、 6時に起きてしまいました、 さて、7時15分からの録音準備と ICレコーダーをスタンバイしていたが・・・・ ありゃ~~ 寸前に操作ミス うそ~~ 途中からの録音となり・・・・ ああ・・・・ まあいいや、 どなたかが最初から綺麗に録音して下さるに違いない、 違いないだろうね~~ 自分の声っていう奴は 聞くのが、恥ずかしいもの なんだか自分の・・の穴、(下品で失礼 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



京都の高林家の能の開演は13時 ならば~午前中に、一、二個所京都見物でも~ 、と欲を出して、広島を早めに出発。 京都駅に着くと、直ぐにタクシーと交渉、 先ずは千本釈迦堂、 ここにある釈迦の十大弟子と六観音像は、 お気に入りのひとつで、いつも静に楽しめる。 千本釈迦堂には応仁の乱の痕跡があり、 歴史をまのあたりにすることが出来る。 細川前首相の「この前の戦・・・」という話が 応仁の乱だというの . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



今日から東京を留守にします。 広島から京都、大阪を廻って、月曜日は藤田大五郎追善会で 『清経』音取の地謡です。 喜多流は、普通はワキが最後まで居残り、謡いも謡いますが、 音取となると、笛が舞台に入って音取を吹くので、 ワキの座る場所がなくなります。 そこで、今回はワキが退場します。 その代わり、シテがワキの謡いを謡い、地謡は追加する詞章を 謡います。 *シテ さて、宇佐八幡に参籠し 様々祈誓怠 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



14日の朝、7:15 FM・NHKにスイッチオン! またはタイマーかけておいて下さい。 謡曲鑑賞『船弁慶』に私がはじめてシテとして出演し 日本全国に放送されます。 参加メンバー シテ・地頭 粟谷明生 子方・地謡 狩野了一 ワキ・地謡 長島 茂 脇連・地謡 佐藤 陽 地謡    粟谷尚生 脇の次第だけ時間の都合上割愛されましたが、 名乗りから全部放送されます。 是非、スイッチをオンに ご . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



ブログ投稿している暇などない状態である。 私の受信トレイに入っていないのに 粟谷能の会ホームページのショップの管理箱を見ると な、なんと二軒も私の知らない間に、申し込みがされている・・・ という事態が発見出来たから、いいようなもの、 でも、これから調査しなくてはいけないので 当分、投稿不可能です。 あしからず . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ