高知県立美術館能楽堂は可動式舞台として平成5年に完成しました。


見所から全景


揚げ幕を鏡の間から


脇正面裏からは舞台が見えます



舞台はこのレールの上を滑り移動します。


7月24日(日)高知県能楽鑑賞会能で能『小鍛冶』白頭を勤めます。


広島蝋燭薪能の会場となりました、アステールプラザ能舞台も可動式能舞台です。

文責 粟谷明生
撮影 粟谷明生


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 28年 広島蝋... 能を体験する... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (山口 まきえ)
2016-05-08 15:07:12
はいU+203C 今日も、叔母の舞を観にお邪魔してます! もっともっと、高知でも、能楽が親しまれたら、良いのですが!m(__)m
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。