虚空を観じて

今感じたことを書くことは、年取った脳みそにいいんじゃないかと考えて認めています。日常の風景から、過去の記憶まで。

ありがたいお天気

2017年01月28日 | Weblog

この頃、暖かい、というか寒くない。

ありがたいお天気だ。

 

30年以上も前だが、

ペルーのリマに仕事で行ったときは、とにかく臭かった。

ニオイは、オシッコが強烈だった。

当時は大道商人が所狭しと店を並べ、公衆トイレがなかったので、その辺りで用を足すのだろう、とにかく異様だった。

さらに、大道商人たちは、スーパーマーケットがそれぞれの分野に分かれての個人商店なので、食材を油で揚げて売っているお店も結構あった。

その油が、日本のような植物から取り出したものではなく、魚由来だから、とにかくこちらも異様なにおいだった。

そのうえ、ゴミは散乱し、雨が降らいなので、ほこりだらけ。

街並みは、ひどいものだった。

それが、フジモリさん以来、大道商人は整理され、道路に店を並べることはなくなった。

油も、品質のよいものが売り出され、においもなくなった。

さらに、街並みは、専門の清掃員が毎朝きれいにし、最近は、ゴミなどは落ちてはいない。

きれいな街なみだ。


普通は、人類はより清潔、より秩序、より快適などの方向に進んでいくものだが、

韓国の現状を見ると、以前に比して退化しているのではないかと思う。

哲学にしろ、道徳にしろ、日常の常識やマナーなんども自然と進んでいく。

李氏朝鮮は、それまでの過去の時代より退化している。

今の韓国が、まるで同じような感じだ。

普通とは違う現象だ。


今日は暖かい。

年月が経てば、衰えていく。

運動能力は落ちる。

人生とはなんだ、と考える時期はとうの昔に過ぎた。

コメント

もういいです

2017年01月22日 | Weblog

1月になって、初めて自分が自由にできる日曜日。

のんびりしたい。

 

韓国との関係がおかしい。

テレビのニュースだけでは、面白いとは言ってられないが、ネットをみればバカみたいな話になっている。

話し合いはおろか、条約や約束事まで成立しない隣国だから、駄々っ子とかわりないだろう。

いくら面白くても、おかしくても、

もうこれ以上は、韓国人や在日による犯罪や、税金をかすめ取られることのないよう、してもらいたいと思う。

このままでは、なんの保護もない一般国民だけがバカを見るのは勘弁してほしい。

もういいよって、素直に思う。

 

アパホテルの話も面白い。

歴史修正主義者とか、いう前に、20万しかいないのにどうして30万殺害できるか、一月後に25万になるのか、

そこをしっかり説明しなくちゃいけないだろうに。

なんというか、一般商売人はお客が共産主義だろうが、右翼だろうが、自分の主義主張と真反対だろうが、

とにかくお金を落としてくれるのは歓迎だろうから、本来なら、政治色などはお店には持ち込まないだろうと、想像するが、

アパホテルって、素直に凄いなあって、感じてしまう。

 

テレビに出て、左翼的な主張をするコメンテーターって、ホントにそう考えているのか、本音を聞きたいと思う。

韓国の話題になるとよく出演している、日本語尾の達者な金なんとかさんという女性コメンテーター。

自分でも何を主張しているのか理解しているのか、聞いているほう何を言っているのかよくわからない。

この方なら、おそらく日本人が主張する歴史をよく知っているだろうから、

「むなしくないですか?」

そう訊いてみたい。

もういいです、腹いっぱいです。

コメント

本年もよろしくお願い申し上げます

2017年01月14日 | Weblog

2日から、友人知人に不幸があって、ちょっと元気もなかったのですが、

今年初めてPCに向かうことができました。

本年もよろしくお願い申し上げます。


あわただしい新年となりましたが、感謝して日々生活をおくるのが、やはり大切だなと思います。

国際情勢、というか、お隣の国も混沌としていて舌戦を繰り広げています。


NHKで、どこのお寺かわかりませんが、仏像の年代が、江戸時代と言われていたのが、研究の結果、1000年ほど前の朝鮮半島だろうと、変わったと放送があったということです。

金属の含有割合などを調べると、どうも1000年ほど前だという。

1000年も前の朝鮮半島は、かなり文明や技術が進んでいたと思われる。

その後、この技術は後代に伝えられることなく、李氏朝鮮時代には、1000年前より退化ししてしまうことになるが、

文明や文化が退化するというのは、かなりおかしな現象だろう。


次代に繋げるとか、伝えていくというのは、やはり大事なことで、

文化になるには長い年月がかかる。

よき習慣になる、素晴らしい伝統になるのも同じで、ながい期間が必要だ。

一つの文化が失われるのは、現象だけではなく、その文化とともに育んだ心や精神まで失うことになる。


こうしてまた、駄文を連ねることができて、よかったと思う。

コメント