虚空を観じて

今感じたことを書くことは、年取った脳みそにいいんじゃないかと考えて認めています。日常の風景から、過去の記憶まで。

野獣

2013年03月08日 | Weblog

韓国や中国では、思想の、充分な自由が存在しない。

これがどれだけ、ヒドイことか、日本に住んでいては実感は無理だろう。

勢い、観念の先走りが起こり、議論は意味なく、際限なく広がっていく。

 

政治家が、それぞれ特有のイデオロギーを持つことは自由であること。それで、徒党を組むことも自由であること。

が、これは考えてみれば、凄いことだろう。

例えば、北朝鮮が拉致を認めた後でも、

証拠がないとか、陰謀だとか、あるいは日本が朝鮮半島に行った蛮行に目をつむって拉致拉致と騒ぐのはお門違いだ、などとすざましい論理の破壊を平気で主張する先生もいたり、

それでも、逮捕されることなく、自由を奪われることなく、自由にモノが言える社会は、そうそうにはないだろう。

かつて、社会党の土井さんや田さんの拉致に対する主張は、とても政治家とは思えないものであったが、

それでも、政治家として君臨できる自由さは、日本社会の凄さだろうと思う。

 

ネットを覗くと、売国奴とののしられる議員さんが多い。

民主党の菅元総理や、枝野さん、野田前総理はけっこう売国奴と言われていた。

そうであっても、選挙で当選してくるわけだから、そうは考えない人々もたくさんいることになる。

安倍総理だって、人気は高く、支持率もいいが、一方では売国奴と言われてしまう。

これは、国会議員の宿命みたいなもので、避けようがないだろう。

 

今日の国会が興味深かった。

外国で日本人子弟が、韓国人からいじめられている事実を質問していた。

「お前たちの先祖が韓国に悪いことをした」

というわけだ。

これも避けようがないだろうが、

韓国は国をあげて、日本は悪いことをしたと、子どもに教えるしか生きる方法がないのか、気の毒な国だなと哀れに感じてしまう。

中には、日本が、日本人が苦しんで、それに歓喜する先生方もいるから、こっちの方は、野に放たれた野獣のようなものだろう。

日記@BlogRanking

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 経済の不思議 | トップ | 大豆民族 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チャンネル桜をみよう)
2013-03-08 21:49:00
チャンネル桜をみよう。
地上波は反日勢力です。
チャンネル桜はYoutubeでもごらんになれます。
ありがとう (eres)
2013-03-12 12:45:17
コメントありがとう。
返事したと思い込んでいました。
早速視聴してみます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事