虚空を観じて

今感じたことを書くことは、年取った脳みそにいいんじゃないかと考えて認めています。日常の風景から、過去の記憶まで。

かんにんかんにん

2018年12月09日 | Weblog

あきれ果てて言葉が出ないって、韓国のバカさ加減を見ていると実感する。

恥ずかしいというのは、国際感覚でも大切なことで、これを失うと、バカにされたり、揶揄されたり、笑われる。

どうも、韓国人には、恥ずかしいと感じる場面が普通とは違っているようで、

知識ある政府の人々も、裁判関係の人々も、今回の裁判を恥ずかしいとは感じない感覚のようだ。

こんな人々が、さらにまた日本に働きに来るのは、堪忍してほしい。

 


外国から労働力を入れることにより、治安悪化、街並みの汚れはひどくなり、ヘイトだ人権だと対立が起こり、

よき習慣、文化などが徐々に失われるくらいなら、

労働力が不足して、国民が今の生活水準を維持できなくなる、不便になる、

こっちを選びたいと思う。

ヨーロッパは、これで大きな失敗をしている。

日本は、失敗に失敗を重ねる方向にかじを切ったようだ。


日本は、賢かったはずだが・・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お気に入り | トップ | あてにするのは愚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事