虚空を観じて

今感じたことを書くことは、年取った脳みそにいいんじゃないかと考えて認めています。日常の風景から、過去の記憶まで。

厄介なもの

2018年09月23日 | Weblog

ねたみ、ひがみ、羨望、そねみ、被害者意識、などなど、全部

嫉妬心だろう。

こんなにも厄介なものは、そうそうにない。

嫉妬心からは逃れられないが、コントロールは可能だろう。

嫉妬心の多くは、自分でもわからない。

わからないから、厄介だが、他人の嫉妬心は、けっこうわかる。

 

平気でうそをつくひとたち」って本が昔話題になって、読んだ。

面白くて何度も読んだ。

著者が言いたいことから外れているだろうが、

平気で嘘をつく心理というか、無意識には、大きな「嫉妬心」があるんだな、と印象を持った。

 


石破さんに投票した党員が45%だとか。

本当にそう思って投じたのか、義理で投じたのか、あるいはどっちが総理でもたいした違いはないと考えたのか、

分からないけど、信じられない。

石破さんの主張は、素人が聞いても、おかしいなあと思う。

拉致問題解決に、連絡事務所を置くとか、

改憲は急ぐ必要がないとか、

ホントかいなと思う。

こんな候補者に投じる党員がいるって、

もしかしたら情報に関しては極めて弱いのではないかと、思う。

石破さんって、嫉妬心がかなり強い人だろうと、感じた。


マスコミに登場する大学の先生で、やたら安倍政権というか、安倍総理個人を批判している人がいる。

意見の内容よりも、こんなに嫉妬心を燃やして、主張しても、

「そうだよなあ」

って、思えない。

総じて、左翼系のコメンテーターが話す内容は、「それって、嫉妬の塊だろう」って言いたくなる内容が多い。

本人たちは気がついてはいないだろうが、嫉妬心むき出しだ。

大学教授の経済の先生が、いろいろ話すけど、このあたり、素人は反論できなくとも、

ああ、嫉妬心だなと鋭敏に嗅ぎ取って、違和感を持つ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 危険 | トップ | 国の恩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事