虚空を観じて

今感じたことを書くことは、年取った脳みそにいいんじゃないかと考えて認めています。日常の風景から、過去の記憶まで。

半分ソン

2018年08月21日 | Weblog

ペルーでは友人知人の世界が広くなければ、物事がうまく進まない。

袖の下は、社会生活の一種の潤滑油で、警察官などは最低給与で働いているから、

給与だけでは生活は苦しいだろう。

袖の下を要求するか、休日を利用して、警察官の姿で警備のバイトをしている。

こういう国は多いだろう。

 

以前、友人の旦那が警察に逮捕された。

容疑は、5年前に起こした交通事故。それをネタに警察がある日突然逮捕に訪れた。

国家権力だから、従うしかない。

日本の警察と違って、暴力などは普通だから抵抗はできない。

奥さんが飛んできて、なんとかならないか、と相談された。

そのとき、すぐ、大統領官邸(当時はフジモリ大統領)で働いている職員と友人関係にあった友人に連絡を取った。

電話一本で釈放された。

 


ペルーにいるとき、

友人が会ってほしい人がいるからとついていったら、

コカインを10キロ日本に運んでくれないかと、頼まれたことがあった。

莫大な価格だ。

もちろん断った。

危険な世界を一瞬垣間見た瞬間だった。

 

北朝鮮やチャイナは、一度も行ったことはないが、

やたら、気分次第で逮捕されたり、暴力を受けたり、なにかやたら嫌疑をかけられたり、

たぶん、ペルーとそれほど変わることはないだろうと思う。

否、おそらく、もっとひどいだろうと想像している。

多くの世界の標準が、この程度だろうと思う。

少なくとも、日本ほどの人権を大切にしてくれる国家権力は、それほど多くはないだろう。

 

フランスでテロ事件があったとき、

当然、国家権力は、それの鎮圧のために警察官を投入した。

警察官が所有している銃器や武器は、日本の警察官なら所持してないものだろう。

国家権力は、現場で躊躇なく銃殺してしまう。

フランスには死刑制度はない。

 

共産党や社民党が象徴的だが、

戦争法案だの、憲法改悪だの、北朝鮮と話し合いだ、話し合いと主張しているが、

どうやって話し合うか何も言わないし、

北朝鮮を説得できなかったなら戦争するのかとか、わけのわからないことをわめいたりするコメンテーターは、

「日本に生まれてよかった。日本人でよかった。」

って、生涯一度も実感することなく、終えるのだろうか。

これって、人生を半分以上ソンしていると思うが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国に感謝 | トップ | 経験的に得ること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事