虚空を観じて

今感じたことを書くことは、年取った脳みそにいいんじゃないかと考えて認めています。日常の風景から、過去の記憶まで。

振り回されている

2012年07月23日 | Weblog

今報道されているイジメ問題で、取り上げている教育委員会や学校の生徒に対する対処にはほとほと驚く。

恐らく、今に始まったことではないので、こんなことがずっと継続され、なんら改善されなかったことにも、さらに驚愕する。

泣かされてきた親や、子どもたちは大変な数にのぼるだろう。

教育現場に携わる人々だから頭脳は明晰だろう。が、狂っているとしか思えない。

 

鉛カバーを貼って線量を低く見せかける偽装工作が発覚した。

この事件にもびっくり。

福島で働く人々は英雄だと思う。その英雄に支援どころか、恐ろしいことを強要する心根がどうかしている。

下請けの下請けではなく、東電が直接雇用し、従事する人々を万全の支援で待遇しなければならないのに、と思う。

これで原発再稼働って、 狂っている。、

 

昔、一時期地方で働いたことがあった。

「お金は贅沢できなくとも、困らない程度にあれば、それでいい」

と友人がポツンと漏らしたが、この言葉は今更ながら奥が深いと実感している。

つまり、人間の心を失ってお金に振り回されてしまうような、そんな生き方はしたくない、ということだと思っている。

日記@BlogRanking

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 自分に有利に | トップ | 理性 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
mistakes (noga)
2012-07-23 14:14:42
日本語には、時制がない。だから、日本語は、現実を表すための言語である。
日本語は、実況放送・現状報告のための言語であるといえる。

理想は、非現実の内容である。
現実を表す言語を使って非現実の内容を示すことは難しい。
現実構文の中の非現実の内容は、すなわち真っ赤なウソになる。
つまり、話にうつつ (現・現実) を抜かしたことになるのである。
だから、日本人は、非現実を述べることもなければ、考えることもしない。
すなわち、無哲学・能天気の状態になっているのである。

日本語を使って非現実を伝えようとすると、悪意はなくとも、すくなくとも絵空事にはなる。これは、漫画の世界である。
理想にはならずして、空想になる。だから、日本人は、なかなか真面目な態度にはなれない。
理想は常に想定外になる。

金は手段か、目的か。
理想が目的にならないならば、金はその手段にはなりえない。
我が国においては、金は限りなく究極の目的に近い。
これは、人生の間違いである。政治の間違いにもなっている。




ありがとう (eres)
2012-07-24 19:24:35
ご意見ありがとうございます。
僕には難しすぎる内容ですね。
でも、時制がないことによる特徴というか、欠点というか、おそらく長所もあるでしょうけど、政府のエライ人や、政治家のエライ人が責任をとらない、とらなくとも平気でいるその背景がなんとなく分かるような気がします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事