虚空を観じて

今感じたことを書くことは、年取った脳みそにいいんじゃないかと考えて認めています。日常の風景から、過去の記憶まで。

愚かなマスコミ

2018年08月11日 | Weblog

神宮は昔から一度は行きたいと思っていたが、今回やっと念願がかなった。

 

名古屋まで新幹線。そこからレンタカーにした。

外宮からということで、外宮にに行き、それから内宮を参拝した。

はじめての参拝で、外宮というのは、内宮のすぐ脇にでもあるのかと思っていたが、とんでもないことで、かなり離れている。

外宮も内宮も大変立派な作りで、鳥居を過ぎると、空気の緊張感が一変する。

まだ新しい木のニオイがするかと思うほど新しさを感じた。

式年遷宮は、技術の継承がしっかり伝わるよく考えられたシステムだなと思う。

 

神社参拝では、袖なしは礼儀違反になるだろうと、漠然と思っていたが、

袖なしの格好の人を見ることはなかった。

 

来年は、宇佐八幡宮に行きたいと思う。

なんとか機会があればと思う。

 

次期首相の話題がやかましいが、コメンテーターの話によれば、どうも安倍さんで決まりのようだ。

対抗馬も石破さんでは、どうも精彩を欠く。

野田さんは、なんとなく声だけの感じだし、安倍さんの対抗がいない。

安倍さんにかわる陰に隠れた日本のためになる逸材がいるだろうが、まだ時期ではないのか。

 

事実安倍さんほどの首相はこれまでいなかったのではないかと思う。

素人にもそれが分かる。

安倍さんの活躍、格好いい姿は、報道されない。

素人に分かるような報道が大切だと思う。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 失われる感覚 | トップ | 国に感謝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事