哲ノート

gentle heart!! ヤサシイココロ・オトナノココロ

川豊本店で「上うな重」 -2016冬 鹿島神宮へ-

2016-11-30 15:01:29 | 今日のメシ
成田山新勝寺へ参拝したら、もう“あれ”しかないでしょう。

参道を歩くと香ばしいにおいがプンプン漂ってきます、「う・な・ぎ」

今回は店先でみごとな“うなぎさばき”を見られる「川豊本店」さんへ。

昼時で参道を歩く人はまず立ち止まる老舗中の老舗。当然店頭、店内はごったがえしていますが、けっこう店内が広いんですんなりと入店。



「上うな重」(きも吸い付き)

箸でふわぁっと身を割いて、まず「うなぎ」だけをほおばります。

「うままぁぁぁぁぁ」

たれがしみ込んだごはんといっしょに…。

「うままぁぁぁぁぁ」

味ももちろん上品で、きも吸いで口の中をさっぱりさせながら…ほおばります。

「うままぁぁぁぁぁ」

となりに座っている“おひとりさま”の外国の人。箸使いも慣れたもんで鼻をフムフムしながらほおばっていますよ。



成田に来たんだから、「うなぎ」を食べずにはいきませんからね。

目で満たされ、オナカが満たされ、ココロも満たされ

満足、満足の「うな重」昼めしでした。
コメント

成田山新勝寺の勝守り -2016冬 鹿島神宮へ-

2016-11-29 22:51:46 | 勝守り
2016年 今年のしめくくりとして、鹿島神宮へ参拝します。

今回は電車で向かいますが、事前に調べてみると電車の本数が少なくて、どうしても時間を有意義に使えません。

そんなんで鹿島神宮に行く前に成田で途中下車。

成田と言えば「新勝寺」と「うなぎ」。

 

到着が昼頃だったのでちょうどいいやと、まずは成田駅で降りて、成田山新勝寺までテクテクと歩きます。

平日の昼間ですが、新勝寺までの参道はけっこうにぎわっています。

成田空港もあるものですから外国人の姿も多く見られます。

  

山門をくぐり広い境内に…、本殿と五重塔がそびえています。

前回参拝したときにいただいた「勝守り」を返納して、新しい「勝守り」をいただきました。
コメント

キャベツには…

2016-11-28 23:33:14 | 今日のメシ
とんかつに付け合わせのキャベツ(こりゃ定番だわなぁ)

キャベツにソース(こりゃあ………。)

 

でも、いろいろかけるものがあるけど、自分は目の前にいくつか置かれて、選ぶとしたら「ソース」です。(なんでも「ソースをかけちゃう派」なもんで)

この店でも「しそドレッシング」とかテーブルに用意してあるけど、やはり「とんかつ=ソース=キャベツ」ですね。

子供のころからの好みでソースをかけるといくらでもモリモリと…いけちゃいます。

(子供の頃って今みたいに種類なかったもんなぁ)

(あったのは、しょうゆ・ソース・マヨネーズ・ケチャップくらいでしょ。)

(“ドレッシング”なるコトバはまだ無かったような)
コメント

#(ハッシュタグ)

2016-11-25 15:16:50 | いま、これです。
ブログやってて、FBやってて、ツイッターやってて、インスタやってて…SNSをうまく利用しているつもりだったんだが…

#(ハッシュタグ)、特にインスタの#は知らなかったなぁ。

ツイッターで#を使うのはわかるんだが、そういえばインスタの投稿観ていたら#が文面によくついていて、なんだろうなぁ…と思っていました。

近々のツイッター投稿「カレーうどん」に「#カレーうどん」をつけてみたら…



(お見事!!)検索ワードとして「カレーうどん」が出るわ出るわ…。こりゃおもしろいわ。

見知らぬ誰かとSNSでつながる可能性がまたまた広がりました。
コメント

11月に雪が降る

2016-11-24 23:15:04 | 出来事
マスコミで騒ぎに騒いでいる「54年ぶりの雪」が降る。

ここ毎年シーズンに何回か“ドカ雪”をくらっているんで、「あ~今年も来たかぁ…」って感じだけど

おとといは20度近くあったのが(ゴルフして顔が焼けちゃったもんなぁ)、そのわずか2日後に雪が降っちゃうくらい冷え込んじゃうってことが問題で…。

「天気が極端すぎんだよ…」

季節の移ろい…と優雅な表現がもう死語になっちゃうかもしれないくらい、「季節感」というものがズレにズレてきて、カラダに変調起こしちゃうくらい。

ふと…。

異常気象・温暖化などなど、マスコミが騒いでいるが…。

これも大きな大きな地球という生命体の、人間には計り知れない大きな生命体のうねりのなかのヒトコマなのかもしれない。

地球という物体から見れば、人間(人類)の繁栄なんていうものは、ほんの一時(一瞬)の出来事であり、地球上での生命体の繁栄というものは、いつかは滅亡するものだから…。

異常気象とか温暖化なんてものは人間が生み出したコトバであって、すでに地球規模からすればそんなものは“織り込み済み”であり、

もしかすると次の“なにか”への移ろいのきっかけではないかと…。(もうすでに“なにか”が始まっているかもしれない)

………………。

(ここまできて)なに言ってんだかわかんなくなってきたんで。

いずれにしろ今年もまちがいなく「冬」が来たわけですよ。冬の訪れを体感した今日でありました。

コメント

カレーうどんに海老天

2016-11-23 00:17:27 | 今日のメシ
一年中食べることはできるんだけど、冬になったらまず食べたくなるもの。

「カレーうどん」

今年は丸亀さんで…(昨年は美奈登庵でカレー南蛮そばに海老天でした)

カレーうどんに海老天をトッピングして、ネギ取り放題。

やっぱカレーに海老天って最高。

カレー汁が衣にしみ込んでさ、「うままままぁぁぁぁぁぁぁ。」
コメント

川面を渡る風は…-川越グリーンクロス-

2016-11-22 21:58:09 | ゴルフのこと
「川面を渡る風は…あたたかかった。」

季節の暦でいうと「小雪」

寒さもだんだんと厳しくなるころ、「川越グリーンクロス」でゴルフです。

昨夜までの雨が朝方振り終わるころ、「地震」が…、けっこう舟みたいにゆっくりと揺れたね。(もう何が起こってもびっくりしません。もう地球全体がズレてますから)

荒川と入間川が交わる広大な河川敷にあるゴルフ場です。

クラブハウスからコースまで渡し船に乗って向かいます。

季節的に冬だし、川面を渡る風も…むむ…暖かいぞ。

昨夜の雨で朝方はモヤってましたけど、この時期としては暖かいようでラウンドを重ねてゆくと、まぶしい日差しに汗までかいちゃうくらいのポカポカ陽気。(半袖の人もいました)



距離はそんなになく、河川敷ですからアップダウンもないのですが、池・クリークがあったり、いやらしいところに木々が生い茂ったりして、気が抜けません。

最近の悩みの「切り返しイップス」が今回も出て、ドライバーが右いく左いく…定まらず、スコアメイクに苦しみます。

うまく対処しても、今回はなんど木に当てたことか…みごとにコースの術中にはまりぱなしの“ふんだりけったり”でいつのまにかラウンド終了。



トラブルショットやハザード処理は、これはこれでおもしろいけど、やっぱドライバーが当たんないと苦しいわね…。

アマチュアのスコアメイクとして、ドライバーの飛距離と正確性はどんなにそれに対するリカバリーをしたとしても、やはり大きく左右するもんです。

以前のような安定感に欠けるいま、なんとか克服しないとなぁ…こんなラウンドが続くとおもしろくないし。

それにしても今日は暑かった!!(11月下旬でしょ…?)次回がんばろ!!
コメント

街をウロウロ…かと言って。

2016-11-21 22:51:08 | ちょっと気になる
あいかわらず、街中をウロウロするのが好きなんだけど…。

………………。

今に始まったことではないけど、今日も高齢者ドライバーからみの事故がクローズアップされているでしょ。

街中をウロウロ歩くのが好きな身としては、ヒジョ~に気になるのよね。

突然…。

なんてことが現実問題どこでもありえるわけよ。



たとえば街中にあるビルの建築現場。

上から鉄パイプが落下して「まさか…」なんて事故が先月あったでしょ。(この写真とは関係ありません)



たとえば信号のある横断歩道。

(当たり前に止まるだろうな…)クルマが止まらず、突っ込んでくるでしょ。(この写真とは関係ありません)

…………………。

こんなんじゃ、街中をオチオチと歩けません。(かと言って、外に出ないというのも考えられないしな…。)

ホント、明日がどうなるかわからない世の中です。

コメント

池袋人道橋 -AM10:00-

2016-11-19 00:33:39 | この街から
寄席に行くために池袋へ…。

ちょっと早く着いたんで、いつもの通り街中をウロウロさまよう。



駅の北側に清掃工場があり、煙突が青空に向かってのびています。

その下にあるのが「池袋人道橋」

超有名な鉄道ビューポイント



撮り鉄・車両鉄はもちろん、模型・ジオラマ好きにはたまらない風景がひろがります。

あっもちろん「配線鉄」である自分もこの風景は興味深いものが…。



湘南新宿ライン・山手線・山手電車区引き込み線・電留線・埼京線・東武東上線が入り乱れて、あっちいったりこっちいったり、上を乗り越えたり下をくぐったり

配線を1本ずつたどったり、車両の行方を見届けたりと…時間のたつのを忘れ眺めているだけでもおもしく、実物大のジオラマを見ているようでもうたまりません。



この一時、童心にもどってワイワイと心のなかで騒いでいると、周りの人から見たらまるで“変な人”になっちゃいました。
コメント

天狗裁き -池袋演芸場十一月中席-

2016-11-18 23:41:28 | 落語・浪曲・講談・演劇・芸能
11月は池袋演芸場へ…。

演者と距離が近くて、ライブ感があり、観客のレベルも高く、お互いに気が抜けない寄席の雰囲気があります。

今日も平日の昼席ですが通好みの観客で早い時間から席が埋まります。今回も最前列の席へ…。



演者と距離が近いもんですから、目と目が合って誰かに“いじられないかな…”という期待感と、なにか新しい発見を求めて最前列に陣取り4時間たっぷりと。

開口一番の前座さんの「道灌」から「鷺とり」「権助魚」「転失気」「啞(おし)の釣り」と続き、林家ペーさんの漫談もあったりしてライブ感一体感もあってけっこう盛り上がって進みます。

中入り後は一之輔師匠の「普段の袴」から扇遊師匠の「天狗裁き」、アサダ二世師匠の奇術(ここで“いじられないかな”と期待したんですが)

トリは“いっちょう懸命がんばります”の一朝師匠が「抜け雀」まで…よく知っている演目が続き、最後の最後までたっぷりと堪能しました。

そのなかで今日は自分の好きな演目のなかから「転失気」と「天狗裁き」があがりました。

どちらの演目も長講ではないにしても、話の筋がわかりやすいものであり、笑いをとりやすいものであり、演者もアレンジしやすい演目でもあります。

扇遊師匠の「天狗裁き」なんか、もう話のあらすじはわかっていますから、最前列の特権としてコトバとともに表情・しぐさを余裕をもって楽しみました。(足を投げ出してリラックス気分で)

やっぱり「池演」の最前列はいいなぁ…。
コメント