哲ノート

gentle heart!! ヤサシイココロ・オトナノココロ

書に学ぶ

2014-07-31 23:56:31 | ゴルフのこと
ゴルフは「メンタル」「体力」「天性」「技術」…。

すべてにおいてバランスがとれてないと、結果に結びつかない、とってもデリケートなもの。

最近はもう体力も技術もいらんから、メンタルこそスコアメイクにと考えている。

(まあ日々の研鑽も大事ではあるが…)

その場その場のシチュエーションにいかに対峙するか…。(これだなぁ)

だから「ゴルフの書」も自然と、技術面よりもメンタル・精神論にすがる思いで頼るしかない。

何事にも(ゴルフ以外にも)アタマ使わんとね。

コメント

確かに足がつったと思うんだけど

2014-07-30 23:55:57 | 出来事
確かに「足がつった」んだよな。

きょう寝ているとき、“こむらがえり”じゃなくて、左足全体がつっちゃって、無我夢中で足を伸ばしたんだよな。(たしか…たしかに…たぶん…)

夢の中だったのかなぁ…、はたまた寝ぼけまなこの現実だったのかなぁ…。

たぶんアタマが夢うつつの中でだろうけど、まちがいなく「足がつった」んだよな。

声は出てないと思うけど(不確か)メチャ痛かったなぁ…と、いまさら思い出している。

調べてみると…。

夜中に足がつるのは、多くは筋肉の疲労によるものです
夜中に足がつる原因は、筋肉疲労、水分不足、カルシウムやマグネシウムなどの電解質のバランスがぐずれることなどが挙げられます

…ようは「疲れてんだぁ」

一日の中でココロとカラダを唯一休めるひとときです、夏を乗り切るためにも「睡眠」というものを意識してすごしたいもんです。
コメント

わさびをどうする。

2014-07-29 00:29:18 | 今日のメシ
こう暑い日が続くと「食もほそる」というか、なんか「めんどくさく」なっちゃう。

そんなときに「ざるそば」(そば好きなもんで)なんか食事にもってこい。

「ざるそば大盛り」

気になったのが隣の人。

「わさび」をつゆにおもいっきり溶け込ませて、そばをどっぷりつけて、ズルズルと…。

(まあ決まりきったことでもないし、いろんな食べ方、作法があっていいもんですけど)



「ざるそば」は…。

どこで教わったか、そばはつゆに半分だけ漬けたところでズルズル、

どこで教わったか、(最近は)わさびを直接そばにちょこんとのっけてズルズル、

ようは「そば」そのものを楽しむってことで、にわか“こだわっちゃてる”んだが…。

まあひとそれぞれ、どんな食べ方しようが、おいしくいただければいいんで、他人にかまわずであります。

でもやっぱ気になるもんで…なぁ。
コメント

熱帯夜から日の出に

2014-07-26 06:00:00 | 出来事
まあこう毎日“熱帯夜”が続くと、だんだん暑さに慣れてきたカラダでもうんざりしちゃうもんだが、

今夜はとくにそれに加えて“蒸し”“熱い”一晩でありました。

この“蒸し”というものだけでもとれれば、なんとかなるんだが…。

そんであっという間に「日の出」の時間になっちまった。

そとの朝日を見ても、な~んか“もや~”としてるんだなぁ。

きょうも蒸し暑くなりそうだ。さあガンバンベぇ。
コメント

ひさびさココイチ -10 納豆-

2014-07-25 23:30:42 | 今日のメシ
「だまされたと思って喰ってごらん」なんて人は言うけど、

「納豆」と「カレー」でしょ。

…………。

「納豆」と「カレー」ですよ。いくらなんでもねぇ。

そんでもって今夜のココイチは…「納豆カレー」をいただきます。

生まれて初めての「納豆カレー」であります。

「納豆カレーに(いつもの)ほうれんそうとチキンにこみをトッピング」

おいしさを味わうのか。食感を味わうのか。

くせになる味なのか。期待以上か、はたまた期待はずれか。

そんなこんなでキタキタキタァ…。 

いつものカレーに納豆が混ざってますよ…ほうれんそうとチキンとまぜこぜでカレールゥとともに納豆をパクっとね。

「おやぁ、ビーンズカレー?」

納豆のにおいはカレーにかき消されて、“お豆”カレーの様相ですよ。

なかなかおいしいし、納豆の食感もいいし、パクパクいけちゃうじゃん。肉肉しくはないけど、ヘルシーでこれはけっこういけるですよ。

まさしく「糸引くおいしさ」の納豆カレーでありました。
コメント

いつもの道だけど

2014-07-24 23:35:24 | ちょっと気になる
片側2車線の快適な道路をクルージング。

でも…。

でも、対向車がいきなりぶつかってきて…。

「脱法」あらため「危険ドラッグ」

次々新しいのがでるから、規制も追いつかず、名前を変えたがいいが…。

あ~いうのって一度それを知っちゃうとダメなんだろうなぁ

さらにさらに刺激を求め。快楽を求め。規制すればするほど。どんどんもぐりこんでゆく。

名を変えようが、根絶はむずかしいんだろうなぁ。

普通にクルマを安全に運転していても、相手がねぇ。

いつものようにクルマを運転していても。
コメント

梅雨明け-2014-

2014-07-22 12:55:29 | 出来事
今年の梅雨明けは靖国神社から…九段下…神保町…須田町まで歩いて…。

暑いやねぇ、カラダがまだ“夏モード”じゃないから、歩くだけでびっしょり汗をかきました。

 
コメント

モスラ対ゴジラを見る

2014-07-21 23:40:24 | 出来事
ひさびさ「モスラ対ゴジラ」を見る。(モスラ対ゴジラは1964年(昭和39年)4月29日に公開された日本映画。ゴジラシリーズの第4作)

例の「モスラの歌」を歌う小美人(ザ・ピーナッツ)♪♪モスラ ヤ モスラ~♪♪が、どうしても脳裡から離れずにいる映画ではあるが、

子供の頃見ただけで、大人の眼ではじっくり見た事なかったなぁ…で、しっかりと見入っちゃいました。

 

「ゴジラ」シリーズの中でも結構傑作じゃないの…シンボリックに(最初の)ゴジラがあるとすれば、娯楽的にはこの「モスラ対ゴジラ」のほうがぜんぜんおもしろい。

小美人をめぐる騒動やら、ゴジラもより動きがなめらか(ちょっとユーモラスになって、あらぬ方向にいってしまう兆候が残念ながら表れてますが…)、

モスラも卵を守るため(親ですからね)羽根を“これでもかぁ”と羽ばたたかせてがんばっちゃってるし(この場面アタマの中ではガンバレガンバレと我ながら応援しちゃいました)

モスラの子供も、糸を吐く場面は有名ですが、その前にゴジラのしっぽを噛んじゃって…なんて場面があったんですね。

 

大好きなF86セイバーと61式戦車も登場、電撃装置に網を絡ませるなんて人間もがんばっています、もう特撮好きには全編たまりません。

いまだったらCGでなんでもできちゃうんだろうけど、すべてミニチュア・特撮でここまでできちゃうって、映画としてもすごいですよ。

あれもこれもと、も~いろいろと見どころ満載の、これぞエンターテイメント・大人も楽しめる「怪獣」映画です。

「おもしろかったぁ…」
コメント

チーズカツ丼…

2014-07-20 22:48:25 | 今日のメシ
ちょっと“チープさ”漂うスーパーの「カツ丼」に、

あらあら…「とろけるチーズ」をペコッと乗せちゃって、



ゴージャス?なカツ丼、「チーズカツ丼」の完成

意外や意外、おいしゅうございました。
コメント

ハムは厚切りで

2014-07-18 17:35:15 | 今日のメシ
もらいもののボンレスハム。こんなもんかなっと適当に厚く切って、焦げないようにじんわりと両面を焼きあげて

…あとは、ガブリといただきます。

かみしめるとハム本来のうまみが口の中にジワァ~と広がって。

「うままぁぁぁぁぁぁぁぁ。」

やっぱハムは厚切りにかぎりますなぁ…。
コメント