哲ノート

gentle heart!! ヤサシイココロ・オトナノココロ

ささっと、ケチャップらいす

2014-05-31 00:10:39 | 今日のメシ
あれれ…みんなお出かけ。

メシは勝手にだってサァ。

んんじゃ…ひさびさ作くんべかぁ…。

冷めたごはんがあるから、「チャーハン」かな…。

冷蔵庫をのぞくと…まあおいしそうな「たまねぎ」(つるんとしててネ)

じゃあ変更!!「ケチャップらいす」(チキンがないからね)といきますか。

市販のケチャップは味がついているんで、味付けもそれにおまかせしちゃえばカンタンじゃけんな。

でも、こだわりはありますんで、まな板の上には「色の食材」をそろえました。

(栄養学的にもいろんな「色」があったほうが良いと書いてあったような)

タマゴから始めて、にんじん・ピーマン・たまねぎ・ハムとささっと炒めて、ごはんをぶち込んで…

あとはケチャップ(塩入ってるもんね)と黒こしょう(これ大事!!)で味付。ポイントはケチャップを焦がす事です(ちょっとしたこだわり。)

ささっと出来てカンタンだけど、こだわりをもってケチャップらいすをいただきました。

コメント

久里浜天神社の勝守り

2014-05-30 01:11:50 | 勝守り
久里浜に行くというと、ふつう京急を使いますが今回はなぜかJRで…。

横須賀線でもここまで来ると妙にローカル線ぽくて、草ぼうぼうの電留線が多数あるただっぴろい殺風景なJR久里浜駅にひさびさ来ました。



そこから久里浜の街をトコトコ歩くと「久里浜天神社」があります。

祭神は学問の神様、菅原道真で、久里浜の天満宮さんですかね。

鳥居をくぐると…菅原道真公と学問の神様のお使いである牛さんがお出迎え



牛は「なで牛」として病気平癒・学業成就の使者としての役目を持っているようで、お鼻のあたりをなでなでさせていただきました。

  

そんな牛さんの存在感に圧倒されつつ、本殿にお詣りいたします。

ここ久里浜天神社に「勝守り」があります。

おぉっとひさびさ“しぶ~い”クールな勝守りです。

コメント

石岡・小美玉スマートインターチェンジ

2014-05-29 23:59:26 | 出来事
今回のゴルフ「東筑波CC」にはゴルフ場のホームページには常磐道「千代田・石岡IC」を利用としてありますが、

ここで見つけたのは「石岡・小美玉スマートIC」

ETC専用のインターチェンジだそうで、この種のICはいろんなところにけっこうできています。

ものは試しと、今回はこれを利用させてもらおうと考えた次第です。

千代田・石岡インターだと、どうしても石岡市内の朝の渋滞が(昔、これにハマってしまったので)気になっていましたが、このスマートインターだとこの渋滞には無縁のようです。



いざ行ってみると、料金所みたいなものがなくて、ただゲートがさみしくあるだけでした。

でもこれなら設置費用もかからずに利便性の高い所に、利用者にとって使いやすい所に造ることが出来ます。

ETC搭載という条件はありますが、普及率も上がってきましたので、より利用者のために…との考えでスマートICは「あり」ですよ。

「あそこに…ここにも…」なんて要望はいたるところで出るんじゃないでしょうか。どしどしと設置してほしいものです。(すべてのPA・SAに設置なんてね)

コメント

むずかしく考えない -東筑波CC-

2014-05-28 23:25:20 | ゴルフのこと
5月って“晴れれば…”ゴルフとしては最高のシーズンですよね。

そんな季節に前から一度行きたかったお初のコースへ…。

「東筑波カントリークラブ」

むずかしそうだけど(コースレート高いし)、でもおもしろそうなコース。(やっぱいろんな意味で試練と刺激がほしいんです)

雰囲気も“ちょっとしたリゾート気分”でなかなか風格あっていい感じのゴルフ場。



歴史あるゴルフ場ですから、まわりにある林に入れるものなら、大きなペナルティになります。近頃のOBだらけの(速く進行させるため)ゴルフ場と違ってOBも1ペナもなく

あるがままの形でプレーを続行させるところも好感が持てますね。(自然を相手のラウンドですから、人工的にルールを作るのは本来のゴルフとはかけ離れていると思うのです)

そんな林にセパレートされて、しかも距離もたっぷりありますから、チカラ入りそうなのをなんとか抑えつつ、攻略を立てながらのラウンドが続きました。

多少のアップダウンがあります。ここでついつい距離をかせごうとガンバッちゃうと、まんまと罠にはまります。



きょうは「左足下がり」がキーポイント。まあここをなんとかクリアすればと気軽に考えればなんともないのですが、そこでチカラがはいりミスがミスを呼ぶような始末。

「球はここに置いて…」とか「軸足を…」とか、ヘンなことばかりアタマをよぎるもんですから、プレーもスイングもわけがわかんなくなっちゃう。(なにやってんだか…)

まあそんな中、救いはアプローチ。前々回の教訓を前回同様なんとかいい感じに100ヤード以内はピンにからむからむ状態に。

これだったらストレスなしにパットもできて「(なんて)楽なんだぁ…」



今日のスコアメイクはこのアプローチがあったから助かったものの、やっぱ1つ1つのプレーはいつもの通りにやっていればいいんであって、

あえてむずかしく考えず、なおかつ「普段やらないことはやらない」「やったことないことはやらない」。これが今日の教訓になりました。

自分の感性を信じて、普段通り背伸びをせずにラウンドにむかえば、今日のような過酷なコースであってもそこそこのスコアが出るはずですからね。

でも「東筑波」は強敵だけど、なかなか刺激的でおもしろいコースでした。(またまたリベンジ訪問確定ですね)



コメント

来々のにんにくラーメン

2014-05-27 22:13:24 | 今日のメシ
「おれ、好きだなぁ…このラーメン」

ちょっと甘めの醤油スープに細麺がきれいに折りたたまれてさぁ…にんにくの揚げたのがその上にぱらりと…

見た目が美しいじゃん。ビジュアル的においしそうだし、これだったら「まちがいない」じゃん。

にんにくもアクセントとしては抜群で、甘めのスープとよく合っています。

シンプルなんだけど、ひとつの完成したラーメンですかね。

もちろんにんにくひとかけらも残さず、完食・完飲したことは言うまでもありません。

おいしかった!!
コメント

大船観音さまに見守られて

2014-05-26 14:50:57 | ちょっとそこまで。
 なんか見られてるんだよな…

 やっぱ見られてるんだよなぁ…

 なんか視線を感じるんだよな…

 

石段を登るとだんだん見えてきました。



世の中に気になるもの数あれど…これはこれは純白の観音様

大船の駅を通るときにどうしても気になるものが…山のなかに立つこの観音様

 

大船観音寺の真っ白い観音様

だれにでも“ほほえみ”をかけてくれているような“いい顔”している。

色白だからよけいに見とれちゃうよ。



帰りだってさ、石段を降りるときに「さようなら…」と語りかけるように見守ってくれてるような気がする観音様でした。

コメント

大船 PM14:00

2014-05-25 00:18:21 | この街から
「大船」というと…

鉄道の要衝(湘南電車の印象・駅弁)

映画の街(大船撮影所)

なぞの白亜の観音様(大船観音。あとで訪問します)

そんな駅も他と変わらず駅ビルが出来ちゃって、“どこもいっしょ”って感じで面白みがないのですが…。

そんな駅前から1本奥の路地に入った途端、昼間なのに人人人の混とんとした世界がありました。

 

なんとか商店街がいくつかできていて、場所によっては露天市場みたいな雰囲気

ぜんぜん駅からは見えない路地裏(駅から見たら)だけど、実は活気のある大船の街がありました。

コメント

湘南モノレールに乗って

2014-05-24 00:02:44 | ちょっとそこまで。
江ノ島に…というと「小田急」か「江ノ電」か…あっ「モノレール」があった。

正式名称 湘南モノレール(株)江ノ島線

 
 

地味な「大船」から江の島だけどちょっとはずれの中途半端なところにある「湘南江の島」まで(どうやら当初は江の島本島まで行く予定だったらしいけど)

アップダウンの激しい(モノレールだけどトンネルもあります)湘南の大地を南北に結ぶ住民の足としての役割を果たしています。

  

昼間でも7~8分間隔の高頻度運転していて、待たずに乗れます。

第一印象…「速えぇ…」モノレールってこんなに速かったっけっと思うくらいのスピード感

アップダウンの勾配もものともしない懸垂式モノレールの特性を使ってグイグイすっ飛ばします。(親会社がなんたって三菱重工ですから)

施設も含めほんと地味な存在だけど、「ガンバレ!! 湘南モノレール」

コメント

生しらす丼 -江の島2014-

2014-05-23 23:28:52 | 今日のメシ
江ノ島・魚見亭さんにて

「生しらす入荷しました」(ここ数日天候が悪くて入荷しなかったんだって…ラッキィ!!)

「テラス空いてます」(も~わかってらっしゃる)

5月下旬 今年も「生しらす丼」をいただきに、江の島・魚見亭さんを訪問

 

今年も運よく“高台テラス”空いてました。(ラッキィ!!)

いつもの西側テラスの特等席に…相模湾一望です。 

あいにく曇っていて丹沢・富士山は相変わらず見ることが出来ませんが(ホント冬だけだよね)相模湾からの海風がホントここちよいひとときを満喫できます。

                   

あまりにも気持ち良かったんで…「生しらす丼」「サザエのつぼ焼き」に「カニの味噌汁」を奮発追加しちゃいました。(うへぇ~。あとから思うとこれは相模湾産じゃないよね…失敗)

年に1度の 江の島・生しらす丼です。

も~なにもコトバはいりません。

いつものサザエのつぼ焼きです。

も~なにもコトバはいりません。

いつもの相模湾です。

も~なにもコトバはいりません。

いつもの魚見亭さんでした。

も~「来年もまたおじゃまします」

コメント

うわぁびっくりした“おにぎり”の話…

2014-05-22 23:32:01 | 今日のメシ
いつものようにコンビニへ…

「あっあたらしいおにぎり」(行くたんびにチェックしてま~す)

「玉子かけ風御飯」 

以前出たものは“たまごの味付け風”のおにぎりでしたが、競争激しくいつのまにか姿を消していました。

再発物は“なんか違うだろう”とあまり期待せず購入。

なにも身構えず、ひとくちパクつく…「ありゃ…りゃ」

なんとなんと、中から黄身が…しかも生の黄身がトロンと。

へぇこりゃ驚いた。おにぎりの中から「トロ~ンとした液」が出てきたのだから。

もちろんおいしいのはまちがいない。 

競争激しく、つねに進化を求められる「コンビニおにぎり」としてついにここまできたか…とパクつきながら思う。

きびしい消費者の目を切磋琢磨して進化を追い求められる「コンビニおにぎり」の次の手はなな…なんだ。
コメント