介護のグチ話~母と私の静かなるバトル~

「ねぇ、ちょっと聞いてよ~」って感じの愚痴話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018-02-11 16:21:15 | 日記
母の夢を見た。

私にしては、珍しいことである。
母が逝って、ちょうど二ヶ月目。

朝、
夫が起きる気配で起きていくと、
今日は出かける用がないから、
もう少し寝ていてもいいよ。


それでは、お言葉に甘えて、
と布団に潜り込む。

眠くもないが、
微睡みを楽しむ。

そして、
色々な夢を見た。

その中に、
母がいた。

二人で、
老人ホームを見学していた。
小学校を再利用した施設で、
二人で感心しながら見て回っている。
母は、車椅子だった。

お母ちゃん、
ここならいいかな?

母は、返事をしないまま、
夢は終わった。

次に出てきた時は、
何か話していた。

お母ちゃん、
夢でいいこと言ってるね。

その時、そう思ったが、
目が覚めた今、
内容を覚えていない。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お役所仕事 | トップ | 私の “夢” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事