介護のグチ話~母と私の静かなるバトル~

「ねぇ、ちょっと聞いてよ~」って感じの愚痴話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

引っ越します

2018-02-13 08:38:24 | 日記
母の介護愚痴も、
無くなりました。

ブログの、
タイトルと内容が伴わなくなるので、
引越しをします。

これが2回目の『おさらば』宣言ですが、
私も書くことが習慣化し、
止めてしまうのも寂しいので、
タイトルを変えて続けてみます。

介護ブログを読んでいただいた方々。
改めまして、ありがとうございました。

もし、
私のブログに興味のある方、
こちら に移ります。
無視していただくと、ありがたいです。
コメント (2)

私の “夢”

2018-02-12 08:46:40 | 日記
私が36歳の時、
アルツハイマーになりたての義母を引き取った。

そんな生活環境のせいか、
雄大な自然を見てみたい。
一直線の地平線を見てみたい。
偉大な遺跡を見てみたい。


そんな “夢” を持つようになった。

幸い、夫は、
一週間ぐらいの留守番で、
2年間、気持ちよく母親を世話してくれるなら、
お安いことだ。


幸い、
付き合ってくれる友達もいて、
2年に一度くらい海外旅行に行かせてもらった。

その頃は、
南米ペルーは、
夢のまた夢のような気がしていた。

マチュピチュ、ナスカの地上絵、そしてイグアスの滝。
旅費がね・・・


義母が亡くなった時、
義弟が、
介護のお礼にと、まとまったお金をくれた。


それを全部つぎ込んで、
ペルーに旅立った。 ✈️

そして、
母の絵介護中から、
これが終わったら、ビクトリアの滝だ!
そう思い続けていた。

その時のために、
年金をコツコツと貯めてきた。
幸い、
兄が母が残したお金を分けてくれた。 ✌️

今回は、
夫も一緒に。
でも、
夫の本心は、
俺、どうでもいいんだよなぁ。
そのお金、できれば他に使いんだけどなぁ。





コメント

2018-02-11 16:21:15 | 日記
母の夢を見た。

私にしては、珍しいことである。
母が逝って、ちょうど二ヶ月目。

朝、
夫が起きる気配で起きていくと、
今日は出かける用がないから、
もう少し寝ていてもいいよ。


それでは、お言葉に甘えて、
と布団に潜り込む。

眠くもないが、
微睡みを楽しむ。

そして、
色々な夢を見た。

その中に、
母がいた。

二人で、
老人ホームを見学していた。
小学校を再利用した施設で、
二人で感心しながら見て回っている。
母は、車椅子だった。

お母ちゃん、
ここならいいかな?

母は、返事をしないまま、
夢は終わった。

次に出てきた時は、
何か話していた。

お母ちゃん、
夢でいいこと言ってるね。

その時、そう思ったが、
目が覚めた今、
内容を覚えていない。





コメント

お役所仕事

2018-02-10 09:28:39 | 日記
母の死後、
区役所に行って、諸々の手続きをしてきた。

今後、
母に関する事務処理は、
私がおこなうように、届けを出した。

郵便局で、
母への郵便物は、
私の方へ転送してもらう手続きもした。

年明けから、
ポチポチと郵便物が届く。 📮

その中に、
『還付金支払い通知』があった。 ✉️

開けてみると、
『お返しする額 ー 100円』
😳
『保険料の還付金は、本来被保険者本人にお返しすることになったおりますが、
被保険者が死亡された場合は、
相続人の方にお返しする手続くを取っていただくことになっております。』


手続きには、
『相続関係を証明する書類(戸籍謄本など)を付ける』
😩 はぁ〜?
100円の請求に、450円も掛けますかぁ〜?



ちょっと前に、戸籍謄本は取ったが、
うっかり、
と言おうか、必要もなかろうと、
コピーは取っていなかった。

痛恨の、ミス!

100円くらいあげるから、
そちらで適当に処理してよ。

と、言いたいが、
そこはお役所仕事。
そうもいくまい。

これで、どうだ! 😤
と、送ったその一週間後、
また通知が届く。


しかも、
『お返しする額 100円』


えっ?
どう言うこと?


よくよく見ると、
前回は、『介護保険料』
今回は、『後期高齢者医療保険料』


いっぺんに送って来いや!!






コメント

原状復帰

2018-02-09 17:26:07 | 日記
母のマンションは、
最後に、『原状復帰』してお返しする。

母は、
25年の長きにわたり、
あのマンションに住んでいた。

『原状復帰』とは、
すぐ新しい人が住める様な状態まで、
きれいに(リフォーム)する事なのだろうか?

壁紙の自然劣化や、
畳の色あせなども、
きれいにして返す事になるのだろうか?

敷金をいくら預けてあるのか知らないが、
兄がやってくれると言うので、
金額のことは、
突っ込まない様にしている。

さて、
我が家の、『原状復帰』である。

3年間、
夫に家のこと全てを任せてきた。
当然、
夫のやり易い様に模様替えをされた。

私仕様の時は、
なるべくスッキリした部屋を維持してきた。
が、
“単身赴任” 中は、
帰るたびに、
キッチンの壁に、フックが増えていき、
リビングには、
洗濯竿が増えていった。

今では、
洗濯物干しが、4本。
そこには、
洗濯物以外にも、
夫の服やバック、紙袋なども・・・・😱

極めつけは、
私の趣味用に確保していた、和室。

何も置かず、
床の間にはお軸を掛けていたのだが、
その床の間も、
物置と化していた。


今までは、
なるべく見ないようにしてきたが・・・・
私、
障子を開けて。立ちつくす。








コメント