Max Rod Craft Blog

Max Satohの工作に関するブログ

IAKO 曲りのはじまり

2019年04月26日 | Proa IAKO

いよいよIAKOを曲げてみる。

まず、間に挟む2㎝角の角材を2本づつ(IAKO2本分)を同時に曲げる。

曲げる方向(内側外側)を確認して2本づつを重ねてマスキングテープで束ねる。  角材の端に内側と外側がわかるようにマークを入れる。  角材はホームセンターのSPFなので節が多い。 できるだけ節が曲げの内側に来るように配置を選んだ。

つづいて、曲げのピークに当たるところにリードのキッチンタオル1枚分を巻く。  マスキングテープで仮止めしておく。

曲げる部分にキッチンタオル

アルミフォイルを二巻分くらいカットし、キッチンタオルの下に置き、霧吹きでジャージャー水をかける。

ビチョビチョにする

アルミフォイルをキッチンタオルの上にきっちり巻く。 濡れているからピタッとくっつく。

アルミフォイルでカバー

アイロンと軍手を用意する。  水は熱すると100度Cになるので熱し終わった板材も同じくらい熱いので軍手をする。

アイロンを最強(スチームは使わない)にセットし、アルミフォイルの上に1か所30秒置いておく(裏表で1か所1分)。 アルミフォイルの長さだと2か所ということになるので、1枚に付き、裏表で合計4か所にアイロンを各30秒くらい置くことになる。

アルミフォイル1枚に付、2か所

アイロンを置いておくとアルミフォイルの隙間から蒸気が出てくる。  この蒸気が出なくなる寸前まで熱を加える。  目的は蒸気で木を蒸し上げることにあることを忘れぬように。 

蒸気が出ているの見える?

すべての個所を蒸しあげたら、いよいよ曲げに入る。

曲げ台に角材をセットして仮止めしておく。 あらかじめ細紐を2巻分輪にしておく。   八の字に開いた方に少しづつ輪をづらしていくと次第に曲りが深くなる。  この方法だけでも曲げられるが、仕舞には輪の方が板より長くなってしまうので、仮止めの目的にとどまるわけだ。

軽く曲げて仮止め

曲げの最終化・・・

こんなのを買っておいた。  そう、ラチェエトベルト・・・2個入りで998円だった。 (コーナンが一番安かったね)

ラチェットベルト

仮止めしておいた曲げ台に、ラチェットベルトをセットする。  ちと長すぎるかな?

セットしたラチェットベルト

ラチェットの位置を注意深く修正したら、ラチェットを締めていく。

カチャカチャカチャ

目いっぱい締め上げると、こんな感じ・・・

船のガンネルみたいね

この状態のまま、曲りが固まるのを期待してしばらく置く

うまく固まりますよ~に・・・

冷えたころにアルミフォイルと濡れたキッチンタオルを取り除いてみると・・・まだまだ水でべちゃべちゃだわ・・・もっと時間をかけて蒸すのかしら・・・加減が翌わからない・・・

曲がるには曲がっているが・・・半分戻ってしまう・・・なので、しばらくこの状態で乾燥させてみるしかない・・・

再び締めて乾燥待ちだね

節のあるところは多めに曲がっている・・・やはり節のところは強度がない・・・

しゃ~ないから、後は接着時に思い切り曲げて接着を試みよう・・・節部の補強も接着でなんとかしよう・・・

つづきは次回・・・

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 高齢者ドライバーについて考える | トップ | Proa マストの長さはどれく... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Proa IAKO」カテゴリの最新記事