Max Rod Craft Blog

Max Satohの工作に関するブログ

宇宙天気予報 Eスポ・ダクト発生予報

2022年06月24日 | アマチュア無線

太陽の黒点の活動が大きくなりつつある。 太陽の黒点は11年周期で活発化すると言われていて、その周期で地球は寒冷化に向かうとされていた。 が、地球温暖化の所為なのか、寒冷化については忘れ去られてしまったようだ。 

2025年に最も規模が大きくなると予想されており(サイクル25)、我々の生活にも大きな影響が予想されている。 活動は突然大きくなるのではなく、2025年に向かって徐々に大きくなって行く、ということのようだ。 が、突然スマホが・・・ということは起こるようだ。

予想される障害とは・・・

・大規模停電
・大規模通信障害 スマホが2週間くらい使えなくなる
・通信衛星が誤作動を起こす
・GPSの精度が悪化する 
・緯度の低い地域でもオーロラが見える

無線の世界は太陽活動との関連が強く、日ごろからでも電離圏(電離層)の異常、や特定の電離層の発生、等が通信状態をよくしたり悪くしたりする。 デリンジャー現象という電波障害が起こると通信不能の状態が起こる。

スポラディックE層(突然現れるE層)という電離層が発生すると、普通は吸収されてしまうVHF電波が、E層で反射し、思わぬ距離まで届きFM放送に障害を与える、というような現象が起こる。

また、ダクトという現象は、特定地域で対流圏(冷たい空気と温かい空気の対流)に逆転が起こり、その境界で、普通なら吸収されてしまう極超短波(UHF)の電波が屈折・反射され、思わぬ距離までFM電波が伝搬し、FM放送に障害を与えたり、することが起こる。 ラジオダクトといって地上との反射を繰り返す現象は、Eスポ同様、アマチュア無線家にとっては好ましい現象ではある。ノイズとなるフェージングもラジオタクトのために起こる。

このような太陽活動について、「宇宙天気予報」というサイトが作られているので紹介する。 太陽活動全般についての正しい知識の提供と、太陽活動による影響の現状、予報を見ることができる。

例えば、今日のEスポの状況は?、どの地域で?、というったことが一目で分かる。 それに合わせてアマチュア無線家は通信活動を活発化させることができる。

宇宙天気予報のサイト  (Eスポの発生状況)

また、ダクトの発生予想を6日先まで予測できるサイトも存在する。 こちらの方は世界中のダクト発生予測を地図上で見ることができる。 DXといって国際的な通信を狙うアマチュア無線家は、どこの国・地域が開けている(通信可能)かを地図上で知ることができる。

ダクトの発生予測のサイト

英語のサイトですがGoogle Chrome の日本語指定で翻訳されます。 地域を選択し、地図上をクリックすると向う6日までのダクト予想が地図で色分けされて表示される。

太陽フレアをワッチしよう!

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« FT-891M のSWRメーターとnanoVNA | トップ | 新型コロナワクチン 4回目打... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アマチュア無線」カテゴリの最新記事