Max Rod Craft Blog

Max Satohの工作に関するブログ

50Wの局免許申請 審査終了

2021年12月10日 | アマチュア無線

本日18:10 総務省アマチュア無線電子申請サイトをたまたま検索したところ、「審査終了」となっておりました。

つづいてメールボックスを開いたところ、「審査終了」の通知が届いておりました。 やった~!

経過:

FT-891Mを4号機として増設の変更申請を提出: 本年11月18日
審査終了: 本日 12月10日
経過日数: 23日

でした。

引き続き、パソコンとつないでPC Keyingや、RTTY 、FT8などのデジタル通信をするための付加装置について「変更届」を出す必要があります。

最近は、申請済みの無線機に付加装置を付ける場合は、「申請」ではなく「変更の届け出」だけで良くなったようです。 保証会社の保証は不要になりました。

ただし、付加装置付きで新たに無線機の「申請」する場合には保証会社の保証(有料)が必要だそうです。 

この扱いの違いは、無線機が申請済みか否かではなく、既にその電波型式の許可を取っているか居ないか、による。 すでにその電波型式を取得している場合は、「届け出」で、まだ取得していない場合は「申請・審査」(申請済み無線機の電波型式の変更の場合)あるいは「保証」(新規無線機の場合)が必要になる、ということみたいです。 詳しくは下記URLを読んでください。

総務省の頁

コメント (5)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« FT-891M CWのデコードとター... | トップ | アンテナ ケーブル直付けの勧め »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
F T-891Mの空中線電力 (とりむら)
2022-05-12 21:25:10
初めまして、ネット検索で F T-891M DSCW と検索すると貴殿のブログに到達しました。47年ぶりに4アマ、第一送信機:DJ-G7で開局申請中。開局が降りたら3アマで、F T-891Mで増設変更を出そうと思います。FT-891Mを4号機として増設の変更申請を提出された時の、15 空中線電力の項目でどんな形式で記入されたのか教えていただけないでしょうか? デジタルの電波形式を付加されたんでしょうか? 急に訪問して不躾な質問すいません。
僕は第二送信機としてFT-891Mを増設変更したいと思います。空中線電力には、第一送信機の電波形式も一緒に記入しようと思っています。そうしないと第二送信機酒だと、第一送信機がなくなってしまうと理解しています。
第二送信機の増設申請 (Max)
2022-05-20 12:58:02
第二送信機を増設申請しても第一送信機は、廃止の申請をしない限り消えることはないと思います。
お困りの点は、1号機と2号機で重なる電波型式をどう記入するか、ということかと想像します。
電波型式と空中線電力は、無線機に対して与えられる、ということではなく、無線局に対して(総合として)与えられるものだと理解しています。
私の場合、4号機の増設申請では、下記のように申請しています。
その後、FT8などのデジタルの電波型式を利用するため、付加装置を付ける、という変更申請をしました。 送信機系統図(PCに接続)と、コメント欄に「PCに接続してデジタル通信を行う」を記入するだけです。 この際は、電波型式、空中線出力の変更はありませんでしたので、局免許状も更新されませんでした。 下記の電波型式にはデジタル通信を含んでいます。
電波の型式、周波数および空中線電力
3MA  1910 kHz 50W
3HA  3537.5 kHz 50W
3HD  3798  kHz 50W
3HA  7100  kHz 50W
3HA 18118 kHz 50W
3HA 21225 kHz 50W
3HA 24940 kHz 50W
3VA 28.85 MHz 50W
3VA 52 MHz 50W
3VA 145 MHz 10W 1、2号機
3VA  435 MHz 10W 1,2号機
以上
電波型式の補足 (Max)
2022-05-20 13:04:08
前コメントの電波型式、周波数、空中線電力一覧表のうち、7100kHzは私の3号機と4号機(FT891M)で共用する電波型式になります。 その他は4号機で使用する電波型式です。
とりむらさんの場合 (Max)
2022-05-20 13:10:34
とりむらさんの2号機申請の場合、
1号機で申請許可されている電波型式と空中線電力は、2号機の申請書の際に残しておかねばなりません。 出力が上がる場合は大きい方の出力に変更して申請します。 つまり50Wで許可がおりたらそれ以下の出力で使うのは自由ということです。
蛇足ながら・・・
ありがとうございました (とりむら)
2022-05-28 16:17:51
突然の訪問で教えていただいて、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アマチュア無線」カテゴリの最新記事