Max Rod Craft Blog

Max Satohの工作に関するブログ

CQ出し 笑い話

2022年11月07日 | アマチュア無線
アンテナを製作するたびに受信テスト、送信テストをするんだが・・・
受信の方はすぐOKになる。 だって勝手に聞こえてくるから。

で、SSBで送信のテストをしてみよう・・・と、録音してあるメモリーチャネル1を選ぶ。 ヘッドホンからは、恥ずかしながら、自分の鼻声でCQを出す声が聞こえる。 これで飛んでいるとかなり長い間信じていた・・・が応答は一つもない。 おきゃしいにゃ~・・・と思っていたのです。

ところがCQを出しているコールに応えるべくPTTを押してコールすると簡単に繋がるのです。 繋がるのだからえっか、とこれまではCQコールは自分では出さなかったのです。

今日、詳細マニュアルを読んでいて、見つかったのです。 録音したメモリーチャネルを押すだけでは、録音を確認するだけで送信しない、事になっていたのでした。 送信するには、メモリーチャネル番号を押す前に、PBというボタンを押してからメモリーチャネル番号を押す、と書いてあったのです。 わ。

送信ランプが赤く光るのを見れば送信しているか否かはすぐ分るのにね~・・・
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 7MHz MV マイクロバートアン... | トップ | スーパーラドのコックリさん »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アマチュア無線」カテゴリの最新記事