グッド的トレード術

225先物情報と個別株情報の部屋 

海外市場

年末から来年の懸念材料と期待材料

2016-10-13 21:29:21 | 相場動向

・大統領選
ヒラリー氏優勢で折り込みが進んでいる。しかし英国のEU離脱の様に開票が終わるまで油断はできない

・ドイツ銀懸念
これは懸念高まり売り材料になることもあるでしょうが基本的に破たんはないと思っています。

・世界経済の先行き懸念
もう決定的に良くなるわけがない。緩和と緩和期待でごまかし続けてきたがその代償は大きい

・原油価格
OPECでの減産合意・・どこまで信用できるか?減産合意としておけばとりあえずは原油価格は維持できますから

中国とサウジアラビア 
中国経済には世界の市場が過剰に期待しすぎで、それが過剰投資、 過剰在庫になってしまった。
異常すぎる金融緩和と中国経済への期待がバブルを生んだ それが過剰な設備投資、過剰在庫。
過剰在庫はデフレへの入り口であり、バブル=インフレ→バブル崩壊=デフレです。

サウジアラビアは
良くも悪くも原油価格次第ですね。とりあえず危機は回避できそう。

市場が年内期待するのはヒラリー大統領の誕生と強いドルの復活で
米国が年内利上げできるほどに経済回復することが理想ですが・・・・
株価には良くない米国の利上げとなりそう。

ひょっとしたら年内利上げはないかもしれないし、あってもそれで打ち止めになる可能性はかなり強いです。
そうなると利上げ後落ち着けばドル安に なるでしょう。

コメント

気になる銘柄から

2016-10-13 07:51:23 | 相場動向

年初来高値更新
 4183 三井化学
 6071 IBJ

大幅上昇
 3193 鳥貴族
 7105 ニチユ三菱フォークリフト

乗れてる方はおめでとうございます。

コメント

ドル円急騰

2016-10-13 07:15:30 | 相場動向

1ド104.49円までドルが買われました。

FOMC議事録公表で年内利上げがあるとのことでのドル買いですね。

なぜこんなに反応するかが疑問ですが・・・。

昨年末のゼロ金利解除の方がインパクトは強いし、

年内利上げは折り込んでいると思ってたんですがね。

日銀は金利操作へ方向転換で実質的に量的緩和を終了したわけだし

大統領選はどちらの候補が当選してもドル安政策と言われていますし

ヒラリー氏では95円から100円 トランプ氏だと90円から95円ぐらいだともいわれていますが・・・。

とりあえずは年内利上げがあってもその後は緩やかな利上げということで

円も買い戻されているみたいですが・・何故104.49円まで買われたのか少し引っかかります。

昨日もいつもなら103円割り込んでくる動きになるかと思ったのですが・・・。

ここまで長く続いた日経16200~16900を中心とした上下動の枠から上振れするのかな?

いやいや、株価も安定した値動きと言っても、歪を感じているし安定的と言っても綱渡り的に感じる部分が多いので

米利上げがあれば世界的には大幅下落のきっかけになるかもしれません。

 

コメント

グッドの研究室

グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。

投資術基本


グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。
ブログランキング・にほんブログ村へ