グッド的トレード術

225先物情報と個別株情報の部屋 

海外市場

今日は中国指標に警戒か

2019-01-21 07:57:50 | 昨夜の市況

中国10-12月期GDP(11:00)
中国12月小売売上高(11:00)
中国12月鉱工業生産(11:00)
中国12月固定資産投資(11:00)

先週の成人の日、日本は休場でしたが中国貿易統計で大きく下押ししましたからね

今日は警戒されますね。

週末に大きく上昇した分、尚更のこと短期筋の売りも仕掛けも、
はいりやすいかと思います。

逆に言えば踏みあげるなら、ココかとも思いますけど・・・短期筋、強いですからね。

 

 

コメント

1月19日(土)のつぶやき

2019-01-20 01:50:28 | 市場スケジュール
コメント

ようやく市場心理改善 上昇へ

2019-01-19 07:28:58 | 昨夜の市況
指標 終値 前日比 騰落率 高値 安値
NYダウ 24706.35 336.25 1.38 24750.22 24459.03
NASDAQ 7157.23 72.77 1.03 7185.38 7096.62
S&P500 2670.71 34.75 1.32 2675.47 2647.58
CME日経 20920 425 2.07 20940 20435

中国政府が2024年までに対米貿易黒字をゼロにする提案していたと報道。

英国ではプレグジッドの延期や再国民投票の可能性浮上

懸念は多くありますが全ての懸念が高まっていた周期は過ぎて
少しの懸念後退で株価は大きく戻します。

ここにきて米中懸念が大幅に後退となっています。
あとは米政府閉鎖の問題。予想以上に長引いてしまっていますが
予算が通るだけではなくトランプの勝利宣言ができる状態にならないと再開しないかもですね。
これは来年の大統領選も見越して民主党の芽をつぶしてしまうことを想定しているでしょう。

日本株も日本電産の下方修正で大きく売られると懸念もありましたが
「リーマンショックのように需要が急激に減っていくことを想定した」
下方修正であり、日本電産の大幅下方修正はむしろ「底入れサイン」とのこと。

事実、ショートカバーを誘発しながらも更なる売りを踏みあげている動気に見えます。
目先は急騰、そして踏み上げとなります。

これは研究室でも昨年末から言い続けています。
まだ売り場ではないのですよ。

コメント

1月18日(金)のつぶやき

2019-01-19 01:48:53 | 市場スケジュール
コメント

米、対中関税減額?

2019-01-18 07:25:54 | 昨夜の市況
指標 終値 前日比 騰落率 高値 安値
NYダウ 24370.1 162.94 0.67 24474.46 24088.9
NASDAQ 7084.46 49.77 0.71 7113.95 7003.62
S&P500 2635.96 19.86 0.76 2645.06 2606.36
CME日経 20515 40 0.20 20605 20180
F半導体 1200.76 13.57 1.14 _ _
VIX指数 18.16 -0.88 -4.62 _ _

米中通商改善期待で上昇

ムニューシン米財務長官が対中追加関税の一部もしくは全ての撤回を提案している
との報道で急反発。上昇となるが
貿易協議の責任者である対中強硬派のライトハイザー米通商代表部が反対している
との報道でやや売りに押された。

保護貿易の痛手が米国に大きすぎるのはトランプも理解しだしたようで
関税よりも知的財産権の保護という建前の通信事業の覇権争いが今後はメインとなってくるでしょう。

米中改善期待で反発したが
昨日の引け後に日本電産の下方修正 日立の減額決算を日中時間で消化しないといけませんね。

コメント

グッドの研究室

グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。

投資術基本


グッドの研究室 こちらで新規申請,更新ともに受付中。
ブログランキング・にほんブログ村へ