夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

障害年金、請求漏れ2万人 厚労省調査で判明!

2013-07-30 21:40:23 | 障害者自立支援法って!なに?
民生委員活動の一環で年1回恒例の「高齢者実態調査」・・・まとめと報告をしなければならない

障害年金、請求漏れ2万人 厚労省調査で判明
 身体障害者手帳を持つ20歳以上の人のうち、障害年金を受給できるのに請求手続きをしていない人が0・4%程度に上るとの調査結果を、厚生労働省が18日明らかにした。
手帳保有者の数から推測すると、請求漏れは2万人程度とみられる。

 精神障害者や知的障害者の調査は実施しておらず、障害年金全体の請求漏れは2万人を上回る可能性が高い。
制度の周知徹底が政府に求められそうだ。

 障害年金は、障害基礎年金や障害厚生年金などがあり、障害が一定程度以上重いことなどが受給条件。
障害基礎年金は、原則20歳以上の人が受給対象で、最も重い1級で子どもの加算がない場合、年98万3100円受け取れる。
(07/18 18:59福島民友新聞社)

年金問題はどう決着したのか?
ミスター年金は何処へ行ったのだろうか?
そして、今度は「障害年金」の請求漏れ2万人?・・・という。
何事も、最後までキチンと解決してほしい
言ったことは責任もってやり遂げてほしい
夢を実現するためにやるぞ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「地域ケアの推進を考えるフ... | トップ | ガロスーパー・ベスト DQCL-1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者自立支援法って!なに?」カテゴリの最新記事