夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

初七日のつぶやき・・皆さん、元気だして、頑張りましょう。

2005-05-31 21:02:12 | Weblog
母親の死去に伴う最終手続を市役所で行ないました。4月と5月分の国民年金支給に際して、生計同一申立書(未支給請求用)の提出が必要であり、「死亡者と申立者が別居していた理由、往来状況及び仕送りの状況」の記載例が資料として渡され、愕然としました。葬儀一切が終わり、最後の場面でがっかりしたような気持になりました。同居を美徳とし、扶養の義務を果たし最後も看取り、人としての責任が果たせたと思っていましたが、これまで何のために頑張ってきたのか?・少しおおげさになりますが、私のつぶやきです。成年後見人に受任されていれば当然なことですが、親族・親子、当事者としては納得できない思いがしています。そして、これからこの経験を生かして後見活動をしていきたいと思います。
私なりに理由を書きました。
「昭和50年以来、母と私は同居して生計を一にしておりましたが、平成14年末、原因不明の病気から入院し、骨粗しょう症、認知症と診断、寝たきりとなり介護度5の認定を受け、在宅介護をしてきました。拘縮等がすすみ在宅・家庭介護の困難さから施設入所をしました。収入は国民年金だけであります。住民基本台帳の指導の元で住所変更しただけであり、入所後も往来はもとより介護にかかる施設利用料、治療費等の不足分は全て私(長男)が負担して世話してまいりました。」
事実をありのままに記載すればいいのでしょうが、介護、福祉、戸籍、保険など市役所のデータを総合すれば全て明らかにわかることなのに・・・「縦割り行政」だけでは納得できない、「人」を切り刻んだような
そして、死んだ後も「名誉」が回復されないような冷たい行政・政治の有り様を見たような気がします。
死んでいられません。活動して意見して、改革をしていかなければ、ますます悪くなるよ。
住みにくくなるよ。そんな1日でした。母が死んで初七日でした。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「精神保健みちのくフォーラ... | トップ | 講演会への心構え・・・成年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事