夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

成年後見人横領:監督人に賠償命令 地裁堺支部!

2013-03-16 11:43:48 | 成年後見(人)関係の事件簿
寒さが堪える!春はまだかな

成年後見人横領:監督人に賠償命令 地裁堺支部
 成年後見人らに預貯金を横領されたのは、後見人を選任した奈良家裁葛城支部と後見監督人だった女性弁護士が注意を怠ったためだとして、知的障害がある奈良県の女性(59)が、国と弁護士に約4500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、大阪地裁堺支部であった。
大薮和男裁判長は「後見監督人としての調査を一切しなかった」と指摘し、弁護士に約4100万円の支払いを命じた。国への請求は棄却した。

 後見監督人の責任を認めて賠償を命じた判決は極めて異例。

 判決によると、家裁支部は03年6月、女性の成年後見人に、いとこの男性(65)らを選んだが、男性の長女(36)が03年8月〜08年8月、女性の預貯金計約7500万円を着服した。
弁護士は家裁支部から05年3月に後見監督人に選任されたが、一度も財産状況を調べていなかった。

 判決について、弁護士は「落ち度があったと言われてもやむを得ない」と話した。
女性の現在の後見人の北岡秀晃弁護士は「選任したまま3年以上放置した国の責任を問わないのはバランスを欠いた判決。控訴を検討したい」と述べた。
(毎日新聞 2013年03月15日 12時48分)

「後見監督人」は受任したことないが、お粗末な内容だ
家裁はどんな基準で選任しているのだろうか?
後見人はいとこの男性であり、その男性の長女が7500万円も着服したということだが、ビックリするような金額だ。「いとこ」を選任した経緯も不可思議だ。
定期的に後見事務報告をし、これをチェックすれば防げたような気もする。真相の解明が期待される。
コメント