夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

ドリームプラン・プレゼンテーションとは?

2013-03-02 11:44:56 | Weblog
風が強い WBCが開幕する


ドリームプラン・プレゼンテーションとは
   -だれもがワクワクする感動と共感のプレゼンテーション-

事業の概要説明も売り上げ目標や収益性などの数字も示されない。そこにあるのは最幸の価値の体験とプレゼンターのあきらめない理由だけである。

事業の価値を説明するのではなく、見ている人にその事業が社会に広まった時、どんなシーンが起こるのかを体験してもらうのがドリームプラン・プレゼンテーション(以下ドリプラ)です。
プレゼンターは10分間という限られた時間の中で、事業の価値、あきらめない理由を体験的に伝え、見ている人たちに大きな感動と共感を与えます。その結果、真の支援者を集めることができるようになるのです。

私たちの思いは、すべての人々が夢と勇気と笑顔にあふれた社会を創ることです。夢のきっかけは、過去の体験があったり、人との出会いであったり、思いつきであったりするかもしれません。しかし、どのようなきっかけであれ、どれもが未来を創造する素晴らしい夢の種です。

とはいえ、どんなに素晴らしい夢であったとしても、それを実現させようと考えるほど、問題がたくさん見つかるでしょう。けれども、つまり、まわりの人々が夢に共感して、「あなたの夢を、ぜひ応援させてください!」と、言われるようになれば、夢が実現する可能性は飛躍的に高くなります。

人々の心が震え、プレゼンターと同じ思いになる感動と共感の体験型プレゼンテーションによって、夢は現実化していきます。

プレゼンターが、自分らしく輝きながら夢を語り、誰もが一緒にその夢を実現したい、と思い憧れるような散財になる。10分間の感動と共感のプレゼンテーションを通して、輝きながら夢に臨む人々と感動を共有する場が、このドリプラです。

社会に貢献する夢に挑戦する人たちが讃美され、みんなでその夢を応援する社会を創ります。

ドリームプラン・プレゼンテーション(以下ドリプラ)って何だろう?と考えている。
実行委員会に入ったのはいいのだが、取り組みがすすむと迷路に入り、いったい何をやっているのか?、何のためにやっているのか?、この貴重な時間をこの取り組みに費やしていいのだろうか?

私は夢を実現するためにどうすればいいのか?と考えた末に、「ドリームプラン・プレゼンテーション」を知り、仲間に出会った。昨年10月のことだ。福島正伸氏の著書も2冊読み、講演やお話も聞く機会を得た。すでに「ドリプラ」を実施してきた先輩・仲間の話も聞いた。笑顔でワクワクしている人たちが多い。確かな理論と実践に裏付けされていると思う。
簡単に実現できるような夢ではないと思っている。しかし、「最幸の価値」と「あきらめない理由」はキチンを考えた。
コツコツとやっていくことでしか夢は実現しない。迷ったら原点に立ち返りながらすすみたい。
コメント