夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

「支部における成年後見活動の理解」の開催について

2005-05-14 21:29:20 | 成年後見制度ってなに?
「支部における成年後見活動の理解」(第8期成年後見人養成研修)が青山和敬荘で開催され、発表者としてこれまでの実践・経験の一部を報告しました。私が養成研修を受けた時は、「後見実務について」は誰も教えてくれなく困りましたが、今日は、ぱあとなあ岩手の委員長からお声がかかり資料を添付して実際の部分を紹介でき、少しでもイメージをつかんで頂いたような気がして安堵しています。理論や理屈はわかるが、実務的な支援や財産管理の方法、代理権の使い方、金融機関との関わり、施設や介護サービス利用の仕方、契約の方法など等大雑把でしたが説明できました。参加された方々は現場にいるので、さらに研鑽して自分のものにしてくださると思います。県内のそれぞれの地域で成年後見人として更に情報交換したり研究したり頑張っていきたいと思います。こうした機会は大変重要で岩手県は広大なエリアですが、パソコンなど駆使して、すぐに情報が、適切なアドバイスができ、すぐに解決できるような体制にしていきたいものだ。と帰りに車の中で考えてきました。
岩手日報の「論壇」に投稿しましたが、今日5月14日の夕刊に記載させていただきました。ありがとうございます。微力ですが地域のソーシャルワーカーとして元気を、勇気をいただき益々頑張ります。
コメント (3)