らくしゅみ

写真や音楽、その他気の向くままに綴ってみたいと思います。 楽に趣味をらくしゅみ。

「壁に世界をみる― 吉田穂高展」 三鷹市美術ギャラリー

2020年02月03日 | 展覧会

昨日は三鷹市美術ギャラリーに「壁に世界をみる― 吉田穂高展」を見に行って来ました。

久しぶりに訪れましたが、壁際の椅子が普通の椅子になっていました。前回は4年前でした。

垂れ幕です。

 

写真を素材に使った作品もあり、カメラや現像済みのポジの入った箱とか展示してありましたが、写真撮影は禁止でした。でも、鉛筆でのメモはOKなので、絵心のある人は書いてきてくれると嬉しいです。(笑) そこに展示してあったカメラはペンタックスのSPで55mmのF1.8が着いていました。(多分)レンズ部分が暗くてよく見えなかったのです。あとは、展示の解説にカメラを構えている写真があるのですが、おそらくキヤノンのレンジファインダーだと思います。

 

以前この美術館で展覧会(THE YOSHIDA FAMILY展 世界をめぐる吉田家4代の画家たち)がありましたが、芸術一家の一員で、2年前に見に行った吉田博の次男です。70年代の作品が私的には懐かしいです。

 

自分が見たいと思っていたところ妻が招待券をいただいて来たので、これ幸いとばかりに二人して出かけて来ました。ありがとうございます。

 

おまけ

この美術館が入っているビルの4階がレストラン街です。ドメスティックワークを終えてから出かけるとちょうど昼食時になるので、腹ごしらえをしてから展覧会を見学しました。私はかき揚げ丼と小せいろの大盛り(意味不明)をいただきました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 昼食にガレット のちミヤマ商會 | トップ | 節分 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿