つれづれなるままに

70代突入!
人生100年時代どう生きる?

ギックリ腰?

2019-02-26 | 日記
ようやく風邪が治ったと思ったら

今度は腰痛ですギックリ腰した時

のような鈍く重い痛み

「気功の先生と言われへんやん」と夫に笑われながら

腰に温湿布貼ってます。

50代の時一度ギックリ腰して以来、ぶり返したことは無かったのですが

この痛みは多分、軽いギックリ腰

50代の時は暮れの大掃除の最中、後ろへ振り向いただけで

今回思い当たることと言えば・・・

病み上がり(風邪 笑)の身でマンション集会室での“丹田健康教室”

で無理したからかな

1月に管理人さんに頼んで掲示板に“丹田健康教室”のチラシを張って頂いた

のですが、それを見た若い方が2名体験にいらっしゃったのです。

いいかっこし過ぎたか、張り切り過ぎたか、そういえばトレーニングの最中

“グキッ”と右足のどこかから音がしたよな

はぁ~~~



コメント (2)

ひょんなことから

2019-02-24 | 家族の会
家族の会の決算が近づいています。

2018年度分を3月末で締めて、4月10日までに本部へ送り

監査を受けて、5月の支部総会で決算報告をします。

4年前支部代表から「会計をして下さる人がいない」と

SOSを受けて世話人に復帰しました。(10年間のブランクがあります)

珠算・簿記が出来るので白羽の矢が当たったのだと思いますが

今年で任期が終わります(会計は2期=4年。会計以外は再選OK)

今年は代表も変わります。先日、新しく代表になる方から

呼び出しを受けました。喫茶店で1時間以上話しました。

「もし、引き受けて下さる人がいなかったら、支部規約を変えて

 又引きうけてもらえないか?」という内容でした。

「今の一人体制を二人体制にして頂けないか?そうすれば

 1年かけて引き継ぎが出来るから」とお答えしました。

(4年前、前任者から引き継いだ時、苦労した経験から)

家族の会は公益社団法人の当事者団体ですが、家族でない方でも

協賛して下さる方なら、どなたでも会員になれます。

(年間5000円の会費が必要=本部会報・支部会報代)

ひょんなことから支部設立から関わることになり

途中ブランクがあるものの、またひょんなことから復帰して

現在に至ります。私って行き当たりばったりというか

成り行き任せというか、世間知らずというか(子供いないとそうなる?)

人に頼まれたら嫌!と言えないというか・・・

なんちゅうか、ほんちゅうか ふるっ

コメント

私は私だ!

2019-02-18 | 希望の手紙
私の脳は私がつくる



あなたの脳には、あなたの許可なしに

入っている情報が意外に多くあります。


経験や本で覚えたことや

世間の評価や職業などはどれも

あなたの脳ではありません。

それは参考にするだけにしましょう。


私の脳は私がつくるものです。

私の人生は私がつくるのです。


脳を自分でつくるというのは

自分の特性をみつけ、

それを入力するということです。

そのとき「私は私だ」と言えるのです。


それがなければ、人生のストーリーもなく

何の目標も希望もない脳になります。


「私は私だ」と言えるには、まめに

自分自身をつくっていかなければなりません。


世間や周りの環境でつくられる脳ではなく

自ら脳をつくるのです。


そんな風にして

真の自己価値を見出した日が

本当の自分が誕生した日です。

そのような人が脳力のある人です。


一指 李承憲(イ・スンホン)

コメント

ついに風邪を引く

2019-02-17 | 日記
風邪を引いてしまいました~

風邪引かないことが自慢でしたが、超寒かった11日に広島へ行き

疲れていたのでしょう。帰って来てから近所で“介護保険”のお話が聞ける

機会があり出向きました。丁度暖房器具がある真向かいの席で1時間位お話

を聞いているとセーターの下は汗をかき、席を移動する訳にも行かず

最後までそのままに

終わって外に出ると今度は北風ピューピュー(お~さぶ~)

その日の夜からのどがへん

葛根湯飲んで寝ましたが時既に遅し

昨日は一日中寝てました

夫がたまたま出掛ける用事があり、帰り何か買ってきて~と

お願いして、ひたすら御就寝。

夫はお弁当、私には柔麺セット。

ありがとさんやっぱり麺がいいよね

お陰さまで今朝からちゃんと起きてます。

皆さまもくれぐれもご自愛下さいね



ジンジャーレモネード(風邪引きにはこんなんいいかも)
コメント (2)

古稀の祝い

2019-02-14 | 日記
昨日の続き

ホテルへ到着。

次の日は、私は実家に寄って昨年10月に亡くなった兄のご仏前にお参り

してから帰る予定だった。姉はまたシャトルバスに乗って広島駅まで

帰り、そこから市バスへ乗り換える予定。

実家へ行くのは市電が便利。(広島には電車が走っています)

ホテルは電車道からかなり離れた所にあり(海の側)姉は

「シャトルバスに一緒に乗って、電停の近くで降ろして

 もらったらいい」と言うけれど、そんなこと出来るか

運転手さんにバスから降りる時、聞いてみた。

「このバスはホテル~広島駅のみの往復です

そうだよなぁ姉は「同じ道通るのだから

信号で止まってる時、チョコッと降ろしてくれたらいいのに」

とブツクサ言ってる。

夕食はバイキング。結構な人出。姉曰く「もっと少ないと思ったのに」

このホテル自慢の温泉風呂も結構な人出。

次の日の朝は人出に懲り、+500円で和食に変更。

正解ゆっくりと穏やかな瀬戸内海の海を見ながら“おかゆ”の朝食堪能しました。

ありがとね、お姉ちゃん古稀のお祝いにホテル予約してくれた

心遣いが嬉しかったよ~~~


帰りの新幹線に乗る前に“むさしのおにぎり”購入。
 その包装紙に書かれていました~懐かしや





コメント (2)