つれづれなるままに

70代突入!
人生100年時代どう生きる?

10万円まで

2018-06-27 | 家族の会
商業学校卒の私。(実家が商売してたので、必然的に行かされた)

なので、経理は得意。社会へ出て最初に就職した会社でも経理課だった。

今はボランティアでも会計している。

先日のこと、ホテルの会議室使用して“近畿ブロック会議”開催。

当然支払いは会計である私の役目。

会費を徴収したので現金があった。銀行のカードはあるけれど

振込み先はその銀行ではない。カードのある銀行と目と鼻の先にある

銀行が振り込み先になっていた。

「カードのある銀行から振り込むより、現金でも同じ銀行から

 振り込む方が手数料安いよな?」

振り込み金額は何十万単位。昔人間の私は現金では今どき10万円しか

振り込めないこと知らなかった~~~振り込め詐欺の関係

家を出る時「通帳とカード持って行った方がいいかな?でも現金あるし、違う銀行だから」

と持っていかなかった。

折りしも25日=世間は給料日。キャッシュコーナーへズラーッと人が

並んでいる。「何でこんなに人多いのん? そうか今日は給料日だ!」

ようやく自分の番。初めての振り込み先をカタカナでポンポンと打ち込んで、

金額入力すると、“10万円までです”とお知らせが・・・え~~~ッ そうなの

係の人にも尋ねてみる。「そうなんや~~~知らんかった~~~

家を出る時の直感に従って、通帳とカード持ってくれば歩いて何歩の距離に他の銀行があり

そこで持参した現金入力して、カードで振り込めば大して違わない手数料で降りこめたのに・・

ボランティア団体だからお金が無くて、少しでも安い手数料で、と考えた浅はかな わ・た・し

かくして、その日の午後もう一度振り込みに、二度足を運んだのでした。

世間の金融情勢にうとい商業学校卒でした



コメント (2)

人生120年?

2018-06-21 | 希望の手紙
おはようございます!!

今「人生120年の選択」という本を読んでいます。

昔は人生50年(確か、織田信長が仕舞を演じながら言ったとか・・)だったそうですが

現代は人生100年時代

私個人としては、そんなに長生きしたくはないのですが

この本を読んでいると元気に長生きも悪くないな、と

思えてくる。

著者は人生を、前半期60年、後半期60年に分け

「人生の後半期をよく生きるために最も大事なことは

 残りの人生に意味を持たせる“目的”を見つけることだ」

と言っています。

私はボーッと生きるのも好きですが、好奇心旺盛で時間とお金があれば

これもしてみたい、あれもしてみたいと思う性質です。

(自慢じゃないですが、今まで仕事も20種以上のことをしました

これは夫が転勤族で一つの仕事が出来なかっただけ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┏━━━┓
 ┃\ /┃ILCHI希望の手紙
 ┃ ★ ┃ 一指 李承憲氏が送る
 ┗━━━┛    希望のメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


行動なしに創造はない



私が信じている創造の鉄則のひとつは

「行動なしに創造はない」です。


何かを創造しようと思うのは

始まりに過ぎません。


どれほどよい考えや選択をしたとしても

行動しなければ創造は起こりません。


美しい音を鳴らす鐘が

目の前にあったとしても

その鐘を叩かなければ何の音も鳴りません。


一指李承憲著『人生120年の選択』より

◆……………………………………………………………………………◆
 
コメント

有り難いこと

2018-06-18 | 日記
いやぁ~びっくりした~驚いた

今朝の地震。ワタクシメ、まだ寝てたのでありますよ

で、もってガタガタ

思わず飛び起き身体が阪神淡路大震災の揺れを覚えていたか

身構えましたで、叫びました~~~お父さーん 地震

夫はいつも通り早めに起き、一人朝食を済ませ、いつも通りパソコンの前に座っておりました~

ひえ~冷静

震度3? 夫「いやもっと上」23年前の大震災の時と違ってTV観れる。

“震度4”大阪北区が震度6弱。後になって死者も出た。

被災された皆さま、お見舞い申し上げます

が鳴る。広島の姉からと兄から。ありがとう。広島も少し揺れたとか・・・

ラインで気になる方に、Eメールも入る。この頃は色々通信手段があるので便利だ。

23年前は、岡山の友人は固定電話は通じないので公衆電話の前に並んだと言っていた。

当時のことが思い出される。心臓がバクバクしている感じ

どうにか落ち着くまで1時間以上かかった。  はぁ~~

地震が起きるのは、地球がどうしようもなくなって身震いするから と何かで

読んだが、23年前の阪神大震災の時思ったこれは神様からのメッセージ

そうあの時から私の人生少し変わった気がする(大いにか?)

オーバーに言えば「自分の為だけに生きるのはやめよう!!」カッコつけ過ぎ。

生きていることに感謝しよう。生かされているのだ。有り難いことなのだ。




コメント (2)

今どきのオジサン

2018-06-05 | 日記
家族の会の用事で県税事務所へ出掛けた。

年一回、毎年のことなので(今年で4回目)馴れたもの。

30分程度で済んだ。今日の用事はこれだけ~~~

さあ~ゆっくり出来るかなぁ~夫にはお昼外で済ますから、と言って出掛けたので

久し振りに街中をプラプラ



今は紫陽花の季節。街中でも結構見かける。

こじんまりしたお店へ入りランチ(写真撮るの忘れた)

卵かけご飯に野菜の煮物数点、鳥の空揚げごま風味、スープ、デザート一口

850円也。

一人のんびりと美味しく頂きました~~~

繁華街覗いてみようか、とも思ったけど歳のせいか早くお家へ帰ろう

でもお茶だけはして帰ろうと初めてのお店へ

カウンターで一人お茶してると、後ろの4人掛けに二人の初老の男性の話が聞こえてくる。

一人は生涯独身?もう一人は単身赴任?もしくはやはり独身

「今の時代、年金だけでは暮らせない」

 → そうそう

「年金もらえるの70歳~になるらしいし」

「まぁ 家のローン終わっていれば、食べるだけなら何とか」

もう一人の男性「おれ、72歳までローンある」

「じゃあ、70歳までは働かないと・・」

「退職金でローンは精算出来ると思う」

「年金もらえるようになって、毎日家にいてもなぁ~」

「呆けるで!」

聞いてると主婦と一緒

要らないものはドンドン捨てる、とか、一人暮らしには今の家は広すぎる

貸したら?と言われるけど他人を家に入れるのはなあ

とめどなく女性と同じ会話。

へぇ~今どきのオジサンって、こんな会話なん

まだまだ続きそうなお二人を残して、一人席を立ったのでありますよん

コメント (4)

逢いたいよ

2018-06-01 | 日記
公益社団法人 認知症の人と家族の会 兵庫県支部総会が終わった~

ふ~~~~~っ 6月に突入

(いつも私、こんな書き方

梅雨入りもあるだろうけど、6月には本部総会があり

(毎年出席する訳ではないが今年は出席する)兵庫県支部が主催するブロック会議もある。

気功講師の依頼も6月に一件、7月にも一件入った。

スタジオお手伝いは5月より、それまでの週2日週1日に変えてもらった。

5月から少し余裕が出るかと思いきや、相変わらずバタバタしている。

7月には広島で古希の同期会(同窓会)もある。交通費もかかるし、悩んだが

広島の友人の「還暦に続いて10年後の古希同期会だけど、もうないよ、これが最後だよ!」

との電話の声に押され参加費振り込んだ

昨年死んだ愛ネコ“ふく”の1周忌も済んだ(5月20日)

1周忌といってもお仏壇に猫缶お供えしただけ~

お仏壇にふくの遺骨少し置いている(夫婦のどちらか残った方が、先に行った相棒の遺骨と共に

永代供養堂へ修めるつもり。本当は人間のお骨のみだけどドサクサに紛れて入れるつもり

これ、私が残った場合想定してるけど、反対になったらどうなるかなあ~

ふくの命日の前、夢に出てきた。寝てる私の右手の腕あたりに猫がすり寄ってる感覚があって

目を開けてふくかどうか確かめようと思うが目が開かない! そんな夢だった。

リアルに猫の毛の感覚が残っていた

ふく 天国で元気にしてる 逢いたいよ



亡くなる9ヵ月前の夏の写真。暑いので保冷材のっけた。
コメント