GOOBERリール日記

リールの修理、オーバーホール、チューニングの日記です
mail gooberreel@gmail.com
 

Ambassadeur 2500C 修理

2018-07-29 21:24:26 | #ABU

 

     Ambassadeur 2500C  ピニオンギヤ とスプールの連結抜け修理

 

 

Ambassadeur 2500C 修理後

 

右が新しいピニオンギヤです

左はスプールとの嚙み合わせ部分が開いてしまっています

このパターンはよくある修理でして

原因は主に サイドカップのキャストコントロールノブの緩め過ぎにより、スプールがピニオンギヤより離れやすくなってしまい、連結部の噛みが薄くなり抜ける現象を起こします

こうならないようにするには キャスコンノブを緩め過ぎない!のみです

ですがスプール回転がおもわしくないと ついつい緩めてしまいます

 

この ついつい緩めてしまう原因を修復しない事には 再発してしまいます

いろいろ問題点が考えられますので、作業の経験にて対処して行きます

ピニオンギヤ の交換はハンドル側の修理ですが、全部分解してチェックします

ベアリングの汚れも大きな原因ですね

交換するよりまずは洗浄して 使えるのでそのまま続行です 動画の回りですので大丈夫ですね

 

作業のご依頼をいただきまして、ありがとうございました

またの機会がございましたら、宜しくお願い致します

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« Ambassadeur 5500CDL Avail ... | トップ | Shimano CALCUTTA CONQUEST ... »
最近の画像もっと見る

#ABU」カテゴリの最新記事