ケイの読書日記

個人が書く書評

山田ルイ53世 「一発屋芸人列伝」 新潮文庫

 | その他
 実はちょっと前、車でラジオを聞いていたら、盛んにワインの話をしていて、MCがゲストに樋口君、樋口君と呼び掛けているじゃないですか。あの芸人コンビ「髭男爵」の樋口君だったので驚いた。そういえば、ワインソムリエの資格を取ったとか聞いたような…。
 しばらく感慨にふけっていたら、数日たってNHKの生活笑百科にゲスト出演している髭男爵本人を見かけた。二人ともピンでやってるんだ。いや、コンビ解消したわけじゃないだろうが、コンビで仕事はなかなか無いらしい。

 本書は、髭男爵・山田ルイ53世が、一発屋と呼ばれる12組の芸人に取材し、彼らの今に迫っている。

 「一発屋」をそんなに否定的にとらえる必要はないんじゃないかな?というのが、率直な感想。芸人でもアイドルでも俳優でも、一発屋で無い人ってほんの一握りだよね。ほとんどの人が、一発どころか不発で舞台を去っている。いや、そもそも舞台にすら上がれないまま去っている。
 ブームが終わり、後は闇が待っているかもしれないが、山、高ければ、谷、深し。打ち上がった花火があまりにも大きくてキレイだったので、その後を暗く感じるだけだよ。野菜でも果物でも人間でも、旬はある。ずーーーっと旬な人の方がおかしいよね。

 それにしても、レイザーラモン、コウメ太夫、テツ&トモ、ジョイマン、ムーディ勝山、天津木村、波田陽区、ハローケイスケ、とにかく明るい安村、キンタロー、スギちゃん、ああ、懐かしい面々だ。当時、子どもたちがお笑い番組が大好きで「エンタの神様」とか「爆笑レッドカーペット」をよく見ていたので、私にも顔なじみ。
 特に波田陽区の「ギター侍」は、メチャクチャ流行ったね。爆発的に流行った。「言うじゃなーい?」「残念!」「斬る!」 日本中の子どもたちが寄ると触るとギター侍の決め台詞を真似していた。すごかった。
 だから、これでいいんだよ。他の人が出来ない事をやったんだから。「終わった人」扱いしちゃうけど、あんなブームがまた来たら困ると思うよ。

 山田ルイ53世の同業者に向ける辛口コメントより、文庫解説を書いている尾崎世界観の文章の方に、ほろりときます。この人、ミュージシャンなんだってね。ごめんなさい、私、そっちの方に疎くて。「自分はいつだって選ばれる側だから、選ぶ側が放つ空気にはどうしても敏感になる」 そうだろうなぁ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 川端康成 「ゆくひと」 | トップ | 押川剛 「子供を殺してくだ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事