goo

愛知杯の傾向分析その2(おさらい)

題記の件、1月施行のデータ数は2つしかないので、
傾向を分析できません。

有力牝馬は早めに繁殖入りするし、若い馬ほど、
体が柔らかいはずなので、ターフのレースでは
若い馬が有利といえよう。

今年の登録馬を以下に記載します。
ブラックオニキス      牝4
メイズオブオナー      牝4
リカビトス              牝4
--------------------------------
エテルナミノル         牝5
キンショーユキヒメ   牝5
ギモーヴ                 牝5
ゲッカコウ              牝5
コパノマリーン         牝5
タニノアーバンシー   牝5
レイホーロマンス      牝5
ワンブレスアウェイ    牝5
--------------------------------
アンドリエッテ         牝6
クィーンチャーム      牝6
クインズミラーグロ   牝6
サンタフェチーフ      牝6
シャルール               牝6
ハッピーユニバンス   牝6
マキシマムドパリ      牝6
レーヌドブリエ         牝6
ロッカフラベイビー   牝6
--------------------------------
オートクレール         牝7
リーサルウェポン      牝7

(感想)
今のところ、6歳の数が多いです。
*****************************
12月施行だったのが1月施行に変わって2回分の
データしかなかったので、傾向分析はできませんでした。

(レース結果)
今年は1着:5歳、2着:5歳、3着:6歳で決着しました。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 愛知杯の傾向... 愛知杯の傾向... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。