goo

東京新聞杯の傾向分析

東京新聞杯の馬齢別連対数一覧('07~'16)

       1着  2着  3着  連対  複勝
4歳  3     2     3     5      8
5歳    3     3     6     6     12
6歳    4     3     0     7      7
7歳    0     2     1     2      3
---------------------------------
合計  10  10   10    20    30

(感想)
連対数を比較すると、
6歳  > 5歳 > 4歳  > 7歳 の順です。

古馬の主力の5歳、6歳の合計で全体の65%を
占めます。

高齢の7歳以外は4歳から歳が増えるほど、
連対数が多くなります。
とはいえ、4歳と6歳の差は2なので、
ほぼイーブンといえよう。

勝ち馬の数を比較すると、
6歳がトップです。
2番手は4歳と5歳です。
差はわずか1です。
なので、これらの世代が勝つ可能性は
ほぼイーブンといえよう。
偏りがないので、難解だね。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

6歳:6回
5歳:5回
4歳:3回
7歳:2回

6歳がトップです。
6歳は10年間のうち、6回少なくても1頭が連対しています。
6歳が連対しなかった年は、4歳と7歳、4歳と4歳、
5歳と5歳、4歳と4歳で決着しています。
4回のうち3回、4歳が少なくても1頭連対しています。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内の回数は以下のとおりです。
1着:2回、2着:0回、3着:0回
合計に対する割合は以下のとおりです。
1着:20%、2着:0%、3着:0%

数週間後に距離は少し短いですが、牝馬限定の重賞が
あるので、あえて牡馬と争う当該レースに出走する
牝馬は少なくなるのかも。

多分、府中より淀の方が走りやすいと思いますが、
府中マイルの鬼娘の場合、当該レースで勝ち負けできる
可能性は少しあるのかも。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 東京新聞杯の... 東京新聞杯の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。