真っ白な原稿の上で、俺は爪を切った。

漫画家 施川ユウキのブログ

告知

2006年07月22日 00時45分41秒 | Weblog
久しぶりの更新ですが告知です。
発売中の「全部ホンネの笑える話」
またエッセイ漫画描いてます。
この雑誌、隔月のレギュラー誌になったみたいです。
僕がレギュラーなのかどうかはよく分かりませんが。

あと来月発売の「まんがライフオリジナル」から、
以前書いた読みきり「12月生まれの少年」の連載が始まります。
まださっぱり出来てないんですけど。

ついでにもうひとつ、お詫びと言うか訂正と言うか誤植と言うか、
来週発売のヤンチャンで、
「もずく、ウォーキング!」の2ページ目の1コマ目の
イサオのセリフの一部が、他のコマのセリフと入れ替わっていて
よく分からなくなってます。単行本で直します。スミマセン。



5年くらい履いてたサンダルが割れてしまったので、
近所で似たような物買ったんだが、ストラップ部分が
ありえないくらい硬く、歩くと足の甲に突き刺さってくる。
足にまだ慣れてないからというレベルではない。
ほとんど拷問具だ。痛くて10メートルも歩けない。
これ作った奴、試し履きしてないのか?
囚人に履かせたら一生脱獄できないだろう。
(まあ、裸足で逃げるか。)
翌日ユニクロで雪駄買いました。
コレはコレで…まあいいか。